医療に関する辞典<医療の基本TOP

医療の基本

医療情報

医療

医療(いりょう、英語: medical treatment、health care)とは、人間の健康の維持、回復、促進などを目的とした諸活動について用いられる広範な意味を持った語である。 そもそも何が医療か?ということに関しては、「生物医学(biomedicine)的な根拠にのっとった近代医療のみを医療と見なす」という立場と、多元的医療システム観に基づき「その社会の一定程度の人に支持された、形式化された〈病・治療・健康〉をめぐる社会的文化的行為」とする立場に大きくわかれていると黒田浩一郎は述べた。池田光穂によると、「補完医療」「代替医療」「伝統医療」といった認識はあくまで近代医療(を?)(の?)カウンターモデルとして構成されており、前者の立場の変形、なのだという。それらを総合したものは「統合医療」という呼称で呼ばれている。 医療の大分類 医療人類学者のアーサー・クラインマンは、医療は様々なセクターで行われている、として、公的機関などに認定された通常医療(制度医療)や伝統医などによる専門職セクターだけでなく、宗教や伝統などに基づいた民俗セクター、家庭内などの民間セクターでも様々な医療が行われているとしている。
医療に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

医療保険制度

『健康保険制度』より : 医療保険(いりょうほけん、Health Insurance)とは、医療機関の受診により発生した医療費について、その一部又は全部を保険者が給付する仕組みの保険である。 高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が圧迫されることを防ぐため、被保険者の自己負担割合や自己負担金が定められていたり、予め保障範囲が制限されていたりすることが多い。 種別 強制加入の公的医療保険と、任意加入の私的(プライベート)医療保険の2種類に分けられる。 公的医療保険は予め被保険者の範囲が行政によって定められている医療保障制度である。多くの先進国では公的な医療保険制度を用意しているが、対象者の範囲や財源方式については国により異なる。公的医療保険でも引受人が政府機関とは限らず、民間企業が引き受ける国もある(オランダの医療、スイスの医療など)。
医療に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

医療制度改革

医療制度改革(いりょうせいどかいかく)とは医療制度の改革のこと。
先進国においては、医学の進歩とともに人口に占める高齢者割合が増大し、国民医療費は年々増加する。これは日本だけではなく、近年の先進国に共通した現象である。最近は日本の経済状況が低迷し、国民医療費の伸びが国民所得の伸びを上回るようになった。即ち、医療における経済的な負担が増加している。これが健康保険組合(即ち企業)の負担になっており、国家財政にも負担がかかっている。また、個人レベルでも世代間の負担の配分が問題となっている。これら経済的な問題を解決するために、医療費の伸びの抑制、医療の効率化、医療保険制度の財政的強化を含めた医療制度改革が必要と考えられている。1983年、厚生省保険局長であった吉村仁(のちに厚生省事務次官)が増え続ける医療費に警鐘を鳴らす『医療費亡国論』を発表、以来、増え続ける医療費を抑制すべく、官僚主導の改革が強力に押し進められている。
医療に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

医療法規一覧

医事法令一覧(いじほうれいいちらん)は、日本における医事に関する法令の一覧である。 現行法律 あ行 あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律 医学及び歯学の教育のための献体に関する法律 医師法 医師国家試験予備試験及び歯科医師国家試験予備試験の受験資格の特例に関する法律 医療法 か行 外国医師等が行う臨床修練に係る医師法第十七条等の特例等に関する法律 看護師等の人材確保の促進に関する法律 義肢装具士法 救急医療用ヘリコプターを用いた救急医療の確保に関する特別措置法 救急救命士法 言語聴覚士法 高齢者の医療の確保に関する法律 さ行 歯科医師法 歯科衛生士法 歯科技工士法 視能訓練士法 柔道整復師法 心神喪失等の状態で重大な他害行為を行った者の医療及び観察等に関する法律 診療放射線技師法 臓器の移植に関する法律 た行 な行 は行 保健師助産師看護師法 ま行 や行 ら行 理学療法士及び作業療法士法 臨時脳死及び臓器移植調査会設置法 臨床検査技師等に関する法律 臨床工学技士法 わ行 現行政令 ○○法施行令などは、記事があるもののみ掲載した。
医療に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

医療漫画

医療漫画(いりょうまんが)は、日本における漫画作品のジャンルの一つ。医師や看護師をはじめとした医療従事者を主人公としたり、医療現場を描くものをさす。京都マンガミュージアム「医療マンガの解剖学」『読売新聞』(2007年12月29日)
手塚治虫に始まり、以来安定した人気を誇るジャンルとなっている。テーマとしては、主人公が困難な病気の治療に立ち向かうなどの活躍を描くものと、医療界のゆがみを描くもの、現場の医療関係者の日常を描くもの、これらの複数分野を描くものなどが主である。また、人を対象とした医療だけでなく、獣医師や動物病院にスポットをあてた漫画も、医療漫画と謳っているものもある。
きりひと讃歌(手塚治虫、ビッグコミック、1970年 - 1971年)
医療に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

医療事故

医療事故(いりょうじこ、英: medical error)は、一般に医療に関する事故をいう。 定義 医療法に基づく定義 医療法により新たに定義された「医療事故」は,「提供した医療に起因し,又は起因すると疑われる死亡又は死産であって,当該管理者が当該死亡又は死産を予期しなかったものとして厚生労働省令で定めるもの」とである。通常の用語と概念をことにしている。 厚生労働省による定義 厚生労働省リスクマネージメントスタンダードマニュアル作成委員会によると、次のように定義されている。なお、医療過誤は医療事故の一類型とされている*。 — 「リスクマネージメントマニュアル作成指針」 医療事故の例 例1:患者が廊下を歩行中に転倒し怪我をした。 市中においては当人の自己責任とされる事でも病院内においては医療者が患者の安全を確保しなければならない。それと引き換えに、患者は医療者の指示を厳守する義務を負う。 例2:看護師が自分の手に注射針を刺し、事故を生じた。 B型肝炎などのように、医療者にとって感染により命にかかわる場合も存在する(あるいはHIVを例に出したほうが分かりやすいかも知れない)。
医療に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

医療ミス

『医療事故』より : 医療過誤(いりょうかご、英語: Medical malpractice)とは、医療における過誤によって患者に被害が発生することである。医療ミスともいう。 日本の厚生労働省リスクマネージメントスタンダードマニュアル作成委員会「リスクマネージメントマニュアル作成指針」によると、医療過誤は「医療事故の一類型であって、医療従事者が、医療の遂行において、医療的準則に違反して患者に被害を発生させた行為」と定義されている。 医療訴訟上の医療過誤 医療過誤は、日本においては、刑事責任(業務上過失致死傷など)および民事責任(被害者に対する債務不履行又は不法行為に基づく損害賠償責任や使用者による懲戒など)の原因となり得る。医療過誤の民事訴訟は年間800件程度だが、患者側の勝訴率は約2割であり、これは医療機関側の過失が明らかな場合、訴訟前和解(示談)となる場合が多いためである。また、医療行為は専門性が高く、過失の立証が困難であることも原因として指摘されている。 日本では、医療過誤(医療事故)によって100万円以上の損害賠償を2回以上請求された医師は、日本医師会会員に限っても、1973年-1995年の間に511人存在し、そのうち、2回請求された医師は391人、3回は82人、4回は22人、5回以上が16人であった。
医療に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

医療過誤

『医療事故』より : 医療過誤(いりょうかご、英語: Medical malpractice)とは、医療における過誤によって患者に被害が発生することである。医療ミスともいう。 日本の厚生労働省リスクマネージメントスタンダードマニュアル作成委員会「リスクマネージメントマニュアル作成指針」によると、医療過誤は「医療事故の一類型であって、医療従事者が、医療の遂行において、医療的準則に違反して患者に被害を発生させた行為」と定義されている。 医療訴訟上の医療過誤 医療過誤は、日本においては、刑事責任(業務上過失致死傷など)および民事責任(被害者に対する債務不履行又は不法行為に基づく損害賠償責任や使用者による懲戒など)の原因となり得る。医療過誤の民事訴訟は年間800件程度だが、患者側の勝訴率は約2割であり、これは医療機関側の過失が明らかな場合、訴訟前和解(示談)となる場合が多いためである。また、医療行為は専門性が高く、過失の立証が困難であることも原因として指摘されている。 日本では、医療過誤(医療事故)によって100万円以上の損害賠償を2回以上請求された医師は、日本医師会会員に限っても、1973年-1995年の間に511人存在し、そのうち、2回請求された医師は391人、3回は82人、4回は22人、5回以上が16人であった。
医療に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

医療廃棄物

医療廃棄物(いりょうはいきぶつ)とは、医療行為に関係して排出される廃棄物(ゴミ)のことを指す。廃棄物処理法上の区分では「感染性廃棄物」と言い、「特別管理廃棄物」に区分される。 感染症の汚染源となる可能性があるため、適切に処分する必要がある。また感染症患者の療養の際に出る生活廃棄物(在宅中の各種廃棄物)の中にも、病原体によって汚染されている物が含まれるため、これらも医療廃棄物として適切に処分される事が望ましい。 医療廃棄物は医療行為に伴い発生するため、患者の持つ病原体と接触している可能性があり、生物学的な危険(バイオハザード)に属するリスクを併せ持つ。もちろん化学薬品など同様に環境破壊への対応や、リサイクルなどを通じた廃棄物の減量化など、通常の廃棄物と同じ背景や諸問題も抱えている。 医学面から見ると防疫の原則は「隔離と滅菌」であるから、感染源となる事物は健常人にとどまらず医療従事者からも効果的に隔離されることが必要で、それらは適切な滅菌措置が取られた後、一般的なメンテナンスや廃棄処理がなされることが必要である。
医療に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

医療技術短期大学

医療技術短期大学(いりょうぎじゅつたんきだいがく)は、より高度な医療従事者を育成することを目的に設立された短期大学。 医療従事者別としては、看護師・診療放射線技師・臨床検査技師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などがある。 修業年限は3年。一部では、卒業生を対象とした修業年限1年の専攻科も設けられているが、その多くは助産師を養成する課程である。 従来の専門学校を改組して設立されたものも多い。校名に「医療技術」を含まない短期大学もある。 2000年代前後から、国立は四年制大学の医療技術系学科や看護学科に移行するかたちで全廃し、公立や私立も四年制の大学に移行するところが増えている。 医療技術短期大学を設置している短期大学 公立 私立 青森中央短期大学 - 看護学科 (2014年度募集停止) 岩手看護短期大学 - 看護学科 仙台青葉学院短期大学 - 看護学科・リハビリテーション学科・歯科衛生学科 つくば国際短期大学 足利短期大学 高崎健康福祉大学短期大学部 埼玉医科大学短期大学 帝京平成看護短期大学 共立女子短期大学 新渡戸文化短期大学 - 臨床検査学科 神奈川歯科大学短期大学部 - 看護学科・歯科衛生学科 東海大学医療技術短期大学 - 看護学科 福井医療短期大学 岐阜保健短期大学 平成医療短期大学 愛知医療学院短期大学 愛知きわみ看護短期大学 - 看護学科 藍野大学短期大学部 - 第一看護学科 関西鍼灸短期大学 - 鍼灸学科 神戸常盤短期大学 奈良文化女子短期大学 川崎医療短期大学 山陽女子短期大学 - 臨床検査学科 高知学園短期大学 - 看護学科・医療衛生学科 福岡医療短期大学 - 歯科衛生学科・保健福祉学科 歯科系日本歯科大学東京短期大学 - 歯科技工学科・歯科衛生学科 日本歯科大学新潟短期大学 - 歯科衛生学科 明倫短期大学 - 歯科技工士学科・歯科衛生士学科 動物看護系ヤマザキ動物看護短期大学 - 動物看護学科 予定を含む廃止された医療技術短期大学 国立 全て廃止された。
医療に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

医療技術短期大学部

『医療技術短期大学』より : 医療技術短期大学(いりょうぎじゅつたんきだいがく)は、より高度な医療従事者を育成することを目的に設立された短期大学。 医療従事者別としては、看護師・診療放射線技師・臨床検査技師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などがある。 修業年限は3年。一部では、卒業生を対象とした修業年限1年の専攻科も設けられているが、その多くは助産師を養成する課程である。 従来の専門学校を改組して設立されたものも多い。校名に「医療技術」を含まない短期大学もある。 2000年代前後から、国立は四年制大学の医療技術系学科や看護学科に移行するかたちで全廃し、公立や私立も四年制の大学に移行するところが増えている。 医療技術短期大学を設置している短期大学 公立 私立 青森中央短期大学 - 看護学科 (2014年度募集停止) 岩手看護短期大学 - 看護学科 仙台青葉学院短期大学 - 看護学科・リハビリテーション学科・歯科衛生学科 つくば国際短期大学 足利短期大学 高崎健康福祉大学短期大学部 埼玉医科大学短期大学 帝京平成看護短期大学 共立女子短期大学 新渡戸文化短期大学 - 臨床検査学科 神奈川歯科大学短期大学部 - 看護学科・歯科衛生学科 東海大学医療技術短期大学 - 看護学科 福井医療短期大学 岐阜保健短期大学 平成医療短期大学 愛知医療学院短期大学 愛知きわみ看護短期大学 - 看護学科 藍野大学短期大学部 - 第一看護学科 関西鍼灸短期大学 - 鍼灸学科 神戸常盤短期大学 奈良文化女子短期大学 川崎医療短期大学 山陽女子短期大学 - 臨床検査学科 高知学園短期大学 - 看護学科・医療衛生学科 福岡医療短期大学 - 歯科衛生学科・保健福祉学科 歯科系日本歯科大学東京短期大学 - 歯科技工学科・歯科衛生学科 日本歯科大学新潟短期大学 - 歯科衛生学科 明倫短期大学 - 歯科技工士学科・歯科衛生士学科 動物看護系ヤマザキ動物看護短期大学 - 動物看護学科 予定を含む廃止された医療技術短期大学 国立 全て廃止された。
医療に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

医療資格一覧

日本の医療・福祉・教育に関する資格一覧(にほんのいりょう・ふくし・きょういくにかんするしかくいちらん)は、日本国内で実施されている、医療・福祉・教育に関する資格試験の名称を一覧としたものである。 医療 多くのものは、厚生労働大臣あるいは都道府県知事によって与えられる免許である。→日本の免許一覧#厚生労働省関係参照。 【医師法】 医師 【歯科医師法】 歯科医師 【薬剤師法】 薬剤師 【沖縄の復帰に伴う特別措置に関する法律】 介輔 -沖縄県の一部地域に限定された補助医師資格 【保健師助産師看護師法(保助看法)】 看護師(旧称・看護婦・看護士) 准看護師(旧称・准看護婦・准看護士) 保健師(旧称・保健婦・保健士) 助産師(旧称・助産婦) -現在のところ、女性のみ資格取得可能。
医療に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

医療少年院

『少年院』より : 少年院(しょうねんいん)は、家庭裁判所から保護処分として送致された者を収容するための施設。 法務省矯正局が管轄する。懲役や禁錮の言渡しを受けた16歳に満たない者のうち、少年院での矯正教育が有効と認められたものを、16歳に達するまで収容することもできる。これを受刑在院者という。少年院送致の処分は警察や裁判所に前歴が残るだけで前科は公に出ないとされる。 種類 2015年6月施行の現行少年院法は、次の4種類に区分する。 第一種少年院 心身に著しい障害がないおおむね12歳以上23歳未満の者を収容する。旧法の初等少年院と中等少年院に相当。 第二種少年院 心身に著しい障害がない犯罪的傾向が進んだおおむね16歳以上23歳未満の者を収容する。旧法の特別少年院に相当。 第三種少年院 心身に著しい障害があるおおむね12歳以上26歳未満の者を収容する。旧法の医療少年院に相当。関東医療少年院(東京都府中市)、神奈川医療少年院(神奈川県相模原市)、宮川医療少年院(三重県伊勢市)、京都医療少年院(京都府宇治市)のほか、中津少年学院(大分県中津市)も同等の機能を有する。
医療に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

医療機器

医療機器(いりょうきき/medical devices)は、人若しくは動物の疾病の診断、治療若しくは予防に使用され、または人若しくは動物の身体の構造若しくは機能に影響を及ぼすことが目的とされている機械器具等(医療用品、歯科材料、衛生用品など)である。 用語 日本では、医療機器という用語のほか、医用機器、医療機などと称されることもある。日本における医療機器規制の法規である薬事法(当時)では、2005年3月までは「医療用具」という呼称を使用していた。しかし、医療機器開発コンサルタント久保田博南の「医療機器」に統一すべきとの提案により、2005年4月1日改定の薬事法及び品質マネジメントシステム規格であるJIS Q13485では「医療機器」が使用されるようになった。また、医療機器のうち電気機器のものは、医用電気機器と呼称されることもあった。さらに、日本工業規格(JIS)のうち、JIS T0601-1やその副通則では、「医用電気機器」が使用されている。 英語では、Medical device, Medical equipment などの用語が使用される。
医療に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

医療用具

『医療機器』より : 医療機器(いりょうきき/medical devices)は、人若しくは動物の疾病の診断、治療若しくは予防に使用され、または人若しくは動物の身体の構造若しくは機能に影響を及ぼすことが目的とされている機械器具等(医療用品、歯科材料、衛生用品など)である。 用語 日本では、医療機器という用語のほか、医用機器、医療機などと称されることもある。日本における医療機器規制の法規である薬事法(当時)では、2005年3月までは「医療用具」という呼称を使用していた。しかし、医療機器開発コンサルタント久保田博南の「医療機器」に統一すべきとの提案により、2005年4月1日改定の薬事法及び品質マネジメントシステム規格であるJIS Q13485では「医療機器」が使用されるようになった。また、医療機器のうち電気機器のものは、医用電気機器と呼称されることもあった。さらに、日本工業規格(JIS)のうち、JIS T0601-1やその副通則では、「医用電気機器」が使用されている。 英語では、Medical device, Medical equipment などの用語が使用される。
医療に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

医療生協

『生活協同組合』より : 生活協同組合(せいかつきょうどうくみあい、略称:生協(せいきょう)、CO・OP(コープ))とは、一般市民が集まって生活レベルの向上を目的に各種事業を行う協同組合である。 19世紀に英国の実業家であるロバート・オウエンが、働く者の生活安定を考えて、工場内に購買部などを設けた「理想工場」をスコットランドのニューラナークに設立したことにさかのぼる。その後、マンチェスター郊外のロッチデールにおいて、生活用品を高く買わされていた労働者達が、資金を集めて、商品を安く購買できる自分達の企業を作ったのがロッチデール先駆者協同組合であり、これが世界で最初の生活協同組合である。 各国の概況 日本 日本では、内務大臣の品川弥二郎や平田東助が中心となって、資本主義の弊害是正、中産階級の育成、庶民の生活安定を目的として、ドイツの協同組合を見習って、1900年(明治33年)に産業組合法を制定した。
医療に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

医療系プレイ

医療系プレイ(いりょうけいプレイ)は、主にSMで行われる医学的知識・経験をもとにしたプレイ。いわゆる「お医者さんごっこ」も含まれる。 膣・肛門への挿入は長い歴史を持ち比較的簡便に行えることから、衛生面に配慮すれば誰でも行うことができる。しかし性的嗜好が複雑化してくる中で、医者が患者に行うような行為に性的興奮を覚える性的倒錯が出現した。女性看護師に対するフェティシズムと、子どもの遊びであったお医者さんごっこなども影響があるとされる。 また医者は患者に対して権威的にふるまうことがあり、服を脱がせる、恥ずかしい姿勢を強要する(ドクターハラスメント)なども日常的なため、性的な妄想をかきたてるには充分である。そのために医療器具を手に入れ医療行為の真似事をする医療系プレイが一部の愛好者に好まれている。 実際のプレイ 包括する範囲が広く明確な切り分けは難しいが、例をあげる。 診察 医者と患者、という状況を演出して行う。イメージクラブなどでもそういったコースが存在している。患者役を裸にして性器や乳房への触診や剃毛を行う。
医療に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

医療訴訟

医療訴訟(いりょうそしょう)とは、医療行為の適否や、患者に生じた死亡・後遺障害などの結果と不適切な医療行為との因果関係、さらにそのような結果に伴って発生した損害の有無及び額が主要な争点となった民事訴訟のことであり、医事関係訴訟、医療過誤訴訟とも呼ばれる。広義では、業務上過失致死傷罪の罪名のもと、医療行為上の過失の刑事責任が問われる刑事訴訟の場合も含む。 訴訟外の紛争解決方法 医療訴訟について、被害者側からは「医師の過失を証明するのは難しく、補償される場合でも時間がかかる」という指摘が出ており、また医療者の側にも「医療過誤を厳しく問われるのは負担が大き過ぎる」という声がある。さらに、上記の研究結果のように、裁判では真実の追及は困難であることから、近年医療紛争を訴訟外で解決しようという機運が高まっている。 ADR 一般に私人(自然人又は法人)の間で何らかの紛争が生じた場合、その紛争解決方法は、当事者同士の「話し合い(示談)」か、「民事訴訟」のいずれかである場合が多い。
医療に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

医療裁判

『医療訴訟』より : 医療訴訟(いりょうそしょう)とは、医療行為の適否や、患者に生じた死亡・後遺障害などの結果と不適切な医療行為との因果関係、さらにそのような結果に伴って発生した損害の有無及び額が主要な争点となった民事訴訟のことであり、医事関係訴訟、医療過誤訴訟とも呼ばれる。広義では、業務上過失致死傷罪の罪名のもと、医療行為上の過失の刑事責任が問われる刑事訴訟の場合も含む。 訴訟外の紛争解決方法 医療訴訟について、被害者側からは「医師の過失を証明するのは難しく、補償される場合でも時間がかかる」という指摘が出ており、また医療者の側にも「医療過誤を厳しく問われるのは負担が大き過ぎる」という声がある。さらに、上記の研究結果のように、裁判では真実の追及は困難であることから、近年医療紛争を訴訟外で解決しようという機運が高まっている。 ADR 一般に私人(自然人又は法人)の間で何らかの紛争が生じた場合、その紛争解決方法は、当事者同士の「話し合い(示談)」か、「民事訴訟」のいずれかである場合が多い。
医療に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

医療法人

医療法人(いりょうほうじん)とは、病院、医師や歯科医師が常勤する診療所、または介護老人保健施設の開設・所有を目的とする法人である。 根拠規定は医療法第6章(旧第4章)であり、その冒頭の39条において社団と財団の2種類が認められている。銀行振込などで使用する略称は「イ」。医療法人社団、医療法人財団、社会医療法人の区別はされていない。 全国の病院の 約60%(病院分類中1位)、全国の診療所の 約30%(診療所分類中2位。最多は「個人」の約50%)、全国の歯科診療所の 約13%(歯科診療所分類中2位。最多は「個人」の約85%)が医療法人であり、数的には医療の根幹を支えている。(病院#制度も参照) 1950年(昭和25年)8月に、前年に行なわれた医療法改正に伴い、医療法人制度が施行。50年以上の制度である。日本全国では47,825の医療法人があり(2012年3月末)、持分の定めのある社団がそのうち約98%を占め、持分の定めのない社団と財団は約1%ずつ存在している。
医療に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP