カロリーに関する辞典<カロリーの基本TOP

カロリーの基本

カロリー情報

カロリー

カロリー(仏: calorie、記号:cal)は、熱量の単位である。「カロリー」という言葉は、ラテン語で「熱」を意味する calor に由来する。 かつては広く用いられていたが、1948年の国際度量衡総会(CGPM)で、カロリーはできるだけ使用せず、もし使用する場合にはジュール(J)の値を併記することと決議された。よって国際単位系(SI)においては、カロリーは併用単位にもなっていない。 カロリーは、日本の計量法では1999年10月以降、「食物又は代謝の熱量の計量」のみに使用できる。計量単位令による定義は、1カロリー = 4.184 J(正確に)である。後述の熱力学カロリーを採用したものである。 計量法による定義 日本の計量法によるカロリーは、法令上の正確な表現では、「人若しくは動物が摂取する物の熱量又は人若しくは動物が代謝により消費する熱量の計量」に限定して使用できる(計量単位令第5条、別表第6の項番13)[3]。
カロリーに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

カロリーネ・フォン・ギュンダーローデ

カロリーネ・フリーデリーケ・ルイーゼ・フォン・ギュンダーローデ(独:Karoline Friederike Louise Maximiliane von Günderrode、1780年2月11日カールスルーエ生まれ、1806年7月26日ヴィンケル・アム・ラインにて死去)は、ロマン派のドイツの女性詩人である。
1800年前後、ヨーロッパは内にも外にも革命 騒乱の中にあり、カロリーネ・フォン・ギュンダーローデの若年期もまた穏やかではなかった。1780年2月11日カールスルーエにて、カロリーネは小貴族出身のバーデン政府顧問官の第一子として誕生し、7歳の年に宮廷顧問官で著述家であった父ヘクトール・ヴィルヘルム・フォン・ギュンダーローデを失った。上院議員の小ヘクトール・ヴィルヘルム・フォン・ギュンダーローデは弟である。
カロリーに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

カロリーネ・フォン・アンスバッハ

キャロライン・オブ・アーンズバック(Wilhelmina Charlotte Caroline of Ansbach, 1683年3月1日 - 1737年11月20日)は、イギリス国王ジョージ2世の王妃。父はホーエンツォレルン家支流のブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯ヨハン・フリードリヒ、母はザクセン=アイゼナハ公ヨハン・ゲオルク1世の娘エレオノーレ。ドイツ語名はカロリーネ・フォン・アンスバッハ(Caroline von Ansbach)またはブランデンブルク=アンスバッハ(Caroline von Brandenburg-Ansbach)。 生涯 幼年時代 アンスバッハで生まれ、4歳の時父を失う。1692年まで母エレオノーレと共にドレスデンで暮らすが、同年4月に母がザクセン選帝侯ヨハン・ゲオルク4世と再婚し、ライプツィヒへ移ったため、後見人となった同族のブランデンブルク選帝侯フリードリヒ3世(後に初代プロイセン王フリードリヒ1世となる)に引き取られ、ベルリンで暮らす。
カロリーに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

カロリーナ・コストネル

カロリーナ・コストナー(伊/独: Carolina Kostner, 1987年2月8日 - )は、イタリアのフィギュアスケート選手(女子シングル)。 2014年ソチオリンピック銅メダリスト。2012年世界選手権優勝、2011年GPファイナル優勝。2006年トリノオリンピック・2010年バンクーバーオリンピックイタリア代表、欧州選手権通算5回優勝など。 ラディン語(母語)、イタリア語(国の公用語)、ドイツ語(州の公用語)、英語、フランス語を話す。トリノ五輪開会式ではイタリア選手団の旗手を務めた。フィアンメ・アズール(刑務警察スポーツ隊)所属。2002年のソルトレイクシティオリンピックで同じくイタリア選手団の旗手を務めアルペンスキー種目で銀メダルを獲得したイゾルデ・コストナーは従姉にあたる。ここでは日本語メディアに多い表記を使用しているが、母語ラディン語やイタリア語での読みに近いカロリーナ・コストネルと表記する場合もある。 イタリアにおける意識調査で『好きな女子スポーツ選手』で1位になった。同国の人気アニメ「Winx Club」をアイスショー化した"Winx on Ice"に主演しヨーロッパツアーを行っているほか、関連商品も発売されるなど子供からの人気が高い。
カロリーに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

カロリーナ・コストナー

『カロリーナ・コストネル』より : カロリーナ・コストナー(伊/独: Carolina Kostner, 1987年2月8日 - )は、イタリアのフィギュアスケート選手(女子シングル)。 2014年ソチオリンピック銅メダリスト。2012年世界選手権優勝、2011年GPファイナル優勝。2006年トリノオリンピック・2010年バンクーバーオリンピックイタリア代表、欧州選手権通算5回優勝など。 ラディン語(母語)、イタリア語(国の公用語)、ドイツ語(州の公用語)、英語、フランス語を話す。トリノ五輪開会式ではイタリア選手団の旗手を務めた。フィアンメ・アズール(刑務警察スポーツ隊)所属。2002年のソルトレイクシティオリンピックで同じくイタリア選手団の旗手を務めアルペンスキー種目で銀メダルを獲得したイゾルデ・コストナーは従姉にあたる。ここでは日本語メディアに多い表記を使用しているが、母語ラディン語やイタリア語での読みに近いカロリーナ・コストネルと表記する場合もある。 イタリアにおける意識調査で『好きな女子スポーツ選手』で1位になった。同国の人気アニメ「Winx Club」をアイスショー化した"Winx on Ice"に主演しヨーロッパツアーを行っているほか、関連商品も発売されるなど子供からの人気が高い。
カロリーに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

カロリーヌ・ボナパルト

マリア・ヌンツィアータ・“カロリーヌ”・ポナパルト=ミュラ(仏: Maria Annunziata "Caroline" Bonaparte Murat, 1782年3月25日 - 1839年5月18日)は、フランス皇帝ナポレオン1世の3番目の妹で、シャルル・マリ・ボナパルトとマリア・レティツィア・ボナパルトの末娘。にして、ナポリ王妃。夫はフランス軍の元帥にして大提督、ベルク大公国とクレーヴ公国の君主、のちナポリ王となったジョアシャン・ミュラ(ジャッキーノ1世)で、2男2女をもうけた。戸籍名はマリア・ヌンツィアータで、カロリーヌは通称であった。 生涯 生い立ち 1782年、コルシカ島アジャクシオでポナパルト家(当時はブオナパルテ家)の7番目の子供として生まれる。フランスに家族で移住後の1796年、色男の軍人のミュラに会い一目ぼれをした。ナポレオンは当初嫌な顔をしたが、母マリア・レティツィアやジョゼフィーヌ・ド・ボアルネに頼み込みまれて、ミュラに妹と結婚するように通告する。
カロリーに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

カロリーネ・ヘルフルト

芸名 カロリーネ・ヘルフルト
Karoline Herfurth
ふりがな
本名
別名
出生地
死没地
生年 1984
生月 5
生日 22
没年
没月
没日
職業
ジャンル
活動期間
活動内容
配偶者
カロリーに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

カロリーヌ・ド・モナコ

カロリーヌ・ド・モナコ(フランス語:”Caroline de Monaco”; ”Caroline Louise Marguerite Grimaldi”; ”La princesse Caroline, princesse héréditaire de Monaco”;、英語:”Caroline, Princess of Hanover”; ドイツ語:”Caroline Louise Marguerite, Prinzessin von Hannover”, 1957年1月23日 - )はモナコ公国の公女。父はレーニエ3世、母はハリウッド女優であったグレース・ケリー。夫妻の最初の子供である。現在エルンスト・アウグスト5世(ハノーファー王国 ハノーファー王子)の妻。その為英語などでの尊称は Princess of Hanover(ハノーファー王子妃)とされることがある。
パリ大学(ソルボンヌ大学 ソルボンヌ)で哲学・心理学・生物学を専攻。哲学で学位を得る。1978年にフランスの銀行家フィリップ・ジュノーと結婚、1980年に離婚。1983年にイタリアの実業家・モーターボート選手のステファノ・カシラギと結婚、3人の子供をもうけるが、1990年10月3日にモナコ沖でのボートレース時の事故により死別。1999年に現在の夫エルンスト・アウグスト5世(ハノーファー王国の元王太子エルンスト・アウグスト (ハノーファー王太子) エルンスト・アウグスト2世の曾孫)と結婚。現在、ユネスコ親善大使として、女性の地位向上、離村での児童教育に尽力している。
カロリーに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

カロリーメイト

カロリーメイト(CalorieMate)は、大塚製薬から発売されている栄養調整食品群の商品名(登録商標第1609035号ほか)である。1983年に発売された栄養調整食品の代表的商品として、その名を知られている。 大塚製薬の当時の社長であった大塚明彦が「バランスよく栄養を手軽に取る」というコンセプトのもと、スコットランドの伝統的な菓子であるショートブレッドから着想を得て考案したブロックタイプと、医療向けの濃厚流動食からヒントを得た缶タイプがある。先に発売されたポカリスエットと並んで、現在の同社を代表する商品にもなっている。人間の生存に不可欠な重要栄養素である、タンパク質・脂質・糖質・11種類のビタミン・6種類のミネラルがバランスよく含まれている。 発売当初はチーズ味のブロックとミルク味の缶だけの商品構成であったが、1983年11月にコーヒー味の缶、1984年4月にフルーツ味のブロックを発売し、1990年代になるとブロックにはチョコレート味などのバリエーションや、ゼリーなどの商品形態の種類が次第に増えていった。
カロリーに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

カロリーヌ王女

カロリーヌ・ド・モナコ(フランス語: Caroline de Monaco, 1957年1月23日 - )は、モナコ公女(Princesse de Monaco)。 モナコ大公レーニエ3世とその妃グレース・ケリーの長女(第1子)として生まれる。 パリ大学(ソルボンヌ)で哲学・心理学・生物学を専攻。哲学で学位を得た。 1978年にフランスの銀行家フィリップ・ジュノーと結婚したが、1980年に離婚した。 1983年にイタリアの実業家・モーターボート選手のステファノ・カシラギと結婚し、2男1女を儲けるが、1990年10月3日にモナコ沖でのボートレース時の事故により死別した。 1999年にハノーファー家家長のエルンスト・アウグスト5世と結婚した。そのためハノーファー王子妃(Prinzessin von Hannover)と尊称されることがある。 現在、ユネスコ親善大使として、女性の地位向上・離村での児童教育に尽力している。 家族 弟にモナコ大公アルベール2世、妹にステファニー公女がいる。
カロリーに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

カロリーナあきこ

カロリーナあきこ(1976年8月5日生まれ)は、日本の女子リングアナウンサー。KAIENTAI DOJO所属。京都府京都市出身。身長151cm、体重41kg、血液型はA型。本名は非公開である。 2002年4月20日のKAIENTAI DOJO旗揚げ戦にてデビュー。「ノッてるかー!?バリバリかー!?」の絶叫コールが特徴的である。KAIENTAI DOJOの初代リングアナウンサー。と同時にプエルトリコ組3期生でもある。ファンからは「カロ様」と呼ばれる。 旗揚げ直前に入社した味方冬樹と、のちに入社したヴォイスィー陽介と3人でリングアナを務める。 2005年にはみちのくプロレスにも登場した。 2006年6月22日よりスタッフとしての様々な活動の為、リングアナを休業している。 得意技 絶叫 テーマ曲 「K-DOJOオープニング・テーマ」(T.A.Factory) キングレコード 「KAIENTAI DOJO」に収録 テレビ出演 プロレスKING(GAORA) 関連項目 京都府出身の人物一覧 外部リンク KAIENTAI DOJOホームページ。
カロリーに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

カロリーナ

カロリーナ(Carolina、Karolina)はヨーロッパ系の女性名。キャロライン(カロライン)、カロリーヌ、カロリーネに対応する。男性名カール (人名) カール(Carl)の女性形。
カロリーナ・コストナー - イタリアのフィギュアスケート選手。
カロリーナあきこ - 日本の女子リング・アナウンサー。
カロリーナ
プエルトリコの主要都市の一つ。
シコ・ブアルキの楽曲。
1883年11月28日にヨハン・パリサが発見した235番目の小惑星。
アカデミア・カロリーナ - ルンド大学の古名。
かろりーな - 繊維事業で創業した日本の不動産会社。2001年にグローベルスに社名変更。
ヨーロッパの人名 Carolina
カロリーに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

カロリーネ・シェリング

カロリーネ・シェリング (独: Karoline Schelling, 1763年9月2日 - 1809年9月7日)は、ドイツロマン主義文学の時代に大きな影響をあたえた女性。当時の知的な女性のシンボル的な存在で、彼女自身の著作はないが、ロマン主義の作家・哲学者たちと親密な交際を行った。 1763年9月2日に誕生。1796年に文学者アウグスト・ヴィルヘルム・シュレーゲルと結婚するもイェーナ大学の哲学教授フリードリヒ・シェリングと恋愛、1803年、シュレーゲルと協議離婚し大学を辞任したシェリングとヴュルツブルクで結婚した。1806年ミュンヘンに移住、1809年9月7日、療養先のマウルブロンで死去。
カロリーに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

カロリーネ・シュレーゲル

『カロリーネ・シェリング』より : カロリーネ・シェリング (独: Karoline Schelling, 1763年9月2日 - 1809年9月7日)は、ドイツロマン主義文学の時代に大きな影響をあたえた女性。当時の知的な女性のシンボル的な存在で、彼女自身の著作はないが、ロマン主義の作家・哲学者たちと親密な交際を行った。 1763年9月2日に誕生。1796年に文学者アウグスト・ヴィルヘルム・シュレーゲルと結婚するもイェーナ大学の哲学教授フリードリヒ・シェリングと恋愛、1803年、シュレーゲルと協議離婚し大学を辞任したシェリングとヴュルツブルクで結婚した。1806年ミュンヘンに移住、1809年9月7日、療養先のマウルブロンで死去。
カロリーに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

カロリーネ・ベーマー

『カロリーネ・シェリング』より : カロリーネ・シェリング (独: Karoline Schelling, 1763年9月2日 - 1809年9月7日)は、ドイツロマン主義文学の時代に大きな影響をあたえた女性。当時の知的な女性のシンボル的な存在で、彼女自身の著作はないが、ロマン主義の作家・哲学者たちと親密な交際を行った。 1763年9月2日に誕生。1796年に文学者アウグスト・ヴィルヘルム・シュレーゲルと結婚するもイェーナ大学の哲学教授フリードリヒ・シェリングと恋愛、1803年、シュレーゲルと協議離婚し大学を辞任したシェリングとヴュルツブルクで結婚した。1806年ミュンヘンに移住、1809年9月7日、療養先のマウルブロンで死去。
カロリーに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

カロリーヌ・リンク

カロリーヌ・リンク(Caroline Link, 1964年6月2日 - )はドイツ出身の映画監督・脚本家である。ドイツ語の発音ではカロリーネ・リンクとするほうが近いが、日本では「カロリーヌ」の表記が定着している。 脚本家、助監督として多くのテレビ番組や映画を手がけた後、1996年に監督としてデビュー。『名もなきアフリカの地で』で2002年のアカデミー外国語映画賞を受賞した。 監督作品 ビヨンド・サイレンス Jenseits der Stille (1996) 点子ちゃんとアントン Punktchen und Anton (2000) 名もなきアフリカの地で Nirgendwo in Afrika (2001) 冬の贈りもの Im Winter ein Jahr (2008) 外部リンク カロリーヌ・リンク - インターネット・ムービー・データベース(英語)。
カロリーに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

カロリーネ

カロリーネ(Karoline, Caroline)は、ドイツ語圏に見られる女性名。キャロライン(カロライン)、カロリーナ、カロリーヌに対応する。 王族 カロリーネ・アウグステ・フォン・バイエルン - バイエルン王国の王女。 カロリーネ・フォン・アンスバッハ(キャロライン・オブ・アーンズバック) - イギリス国王ジョージ2世の王妃。 カロリーネ・フォン・バーデン - バイエルン国王マクシミリアン1世の妻。 カロリーネ・マティルデ(曖昧さ回避) その他 カロリーネ・シェリング - ドイツ・ロマン主義の作家・哲学者らに影響を与えたドイツの女性。婚歴からカロリーネ・ベーマー、カロリーネ・シュレーゲルなどの表記もある。 カロリーネ・フォン・ギュンデローデ - ドイツ・ロマン派の詩人。 カロリーネ・ヘルダー - ドイツの文学者・ヘルダーの妻。 カロリーネ・ヘルフルト - ドイツ出身の女優。
カロリーに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

カロリーヌ

カロリーヌ・ド・モナコ - モナコ公国の公女。現モナコ公アルベール2世 (モナコ大公) アルベール2世の姉。
カロリーヌ・ボナパルト - ナポレオン・ボナパルトの3番目の妹、ジョアシャン・ミュラの妻。
カロリーヌ・リンク - ドイツ出身の映画監督、脚本家。
フランス語の女性名
カロリーに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

カロリーネ・フォン・ギュンデローデ

カロリーに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

カロリーネ・フリーデリーケ・ルイーゼ・フォン・ギュンダーローデ

カロリーに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP