脱毛に関する辞典<脱毛の基本TOP

脱毛の基本

脱毛情報

毛 (動物)

生物学においての毛(け)とは、生物の構造の一つであり、生物体表面から突出した突起状構造のうち非常に細いものをさす。非常に広い範囲の生物において、様々なものがある。 ほ乳類はケモノ(=毛物)の通称どおり、体表に体毛を生やしている種類が多い。ヒトも例外では無いが、頭頂部から後頭部にかけての頭髪以外は薄くなっており、産毛の状態で生まれてくる。成熟にするにしたがって、ある程度濃くなるが、一般の哺乳類ほど濃くはならない。 ほ乳類の毛 ほ乳類の毛は皮膚の角質化によって生じた構造に由来するもので、爬虫類の鱗、鳥類の羽毛と相同であるとされ、時にまとめて羽毛と呼ばれる。一般に体温の保持と体表面の保護の役割を担うものと考えられる。特に、ほ乳類は恒温動物であり、寒冷な環境では体温を保つために長い毛を密に持つものが多い。毛穴の奥で形成され、そこから伸び出してくる。ヤマアラシなどの皮膚にある針状のものも毛の一種である。馬、ライオンなどに見られる頭部や頸部など特定の部位に生えている毛をとくに「たてがみ」という。
脱毛に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP