基礎化粧品に関する辞典<基礎化粧品の基本TOP

基礎化粧品の基本

基礎化粧品情報

基礎化粧品

基礎化粧品(きそけしょうひん)とは、ファンデーション、口紅、眉墨、アイシャドーといった、メーキャップ化粧品と呼ばれるものに対して、洗顔料(洗顔用化粧品)、化粧水、美容液、乳液、クリームといった皮膚を健やかに保ち肌質自体を整えることを目的とする化粧品を指す語。皮膚用化粧品ともいう。スキンケアプロダクツ(Skin care products)とも呼ばれる。 メーキャップ化粧品は、肌荒れ、しわ、しみなど、見せたくない部分を隠す、肌に立体感や色を与えて一時的に美しくするなどを目的とするが、基礎化粧品は、皮膚を清潔にし、健康な状態にするのを目的とするものを言うことが多い。 生体に変化を与える効能は、化粧品の効能効果の範囲を逸脱し医薬部外品(いわゆる薬用化粧品)に該当する。化粧品の効能効果は、昭和36年薬発第44号等の厚生労働省通知の範囲に限定される。特に、予防効果を謳う場合、「紫外線による色素沈着の予防」「肌の乾燥や肌荒れの予防」等、生体に影響を及ぼすことを意図している場合は医薬部外品の範疇であり、化粧品の場合は、「(保湿・清浄により)口唇・肌の乾燥を防ぐ」という程度に限られる。
基礎化粧品に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP