アンチエイジングに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

アンチエイジングの基本

アンチエイジング情報

抗老化医学

抗老化医学(こうろうかいがく、英: life extension)とは積極的予防医学の一種で、老化を防ぐために行う行為の総称である。アンチエイジングとも呼ばれる。 抗老化医学とは、人間の本来の姿、本来の寿命、至適な状態に心身ともに持ってゆく事を目的とする、医学及び周辺科学をも含む集学的医学である。 その根底は検査学診断学・従来医学を含む。範囲は一般診療科目全部、運動生理学、栄養学+東洋医学、美容外科、美容皮膚科、エステ、アロマ、ハーブ、補助栄養学、代替補完医学、音楽・芸術など多岐にわたる。 老化の原因 1971年から1980年のデータで糖尿病患者と日本人一般の平均寿命を比べると男性で約10年、女性では約15年の寿命の短縮が認められた。このメカニズムとして高血糖が生体のタンパク質を非酵素的に糖化反応を発生させ、タンパク質本来の機能を損うことによって障害が発生する。この糖化による影響は、コラーゲンや水晶体蛋白クリスタリンなど寿命の長いタンパク質ほど大きな影響を受ける。
アンチエイジングに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP