美容に関する辞典<美容の基本TOP

美容の基本

美容情報

美容

『美容と理容』より : 美容(びよう)とは容姿を美しくすることをいい、理容(りよう)とは容姿を整えることをいう。 解説 美容と理容の意味は似ているが、法律では次の通りに区別されている。 理容:頭髪の刈込、顔そり等の方法により容姿を整えること(理容師法第1条の2第1項) 美容:パーマネントウエーブ、結髪、化粧等の方法により容姿を美しくすること(美容師法第2条第1項)最近は男女とも理容店や美容室の区別を特に意識せずに利用したり、シェービングや美顔のために女性が理容店を利用する場合も多く、両者の境界の区別は明確でなくなりつつある。多くの理容店の店舗には、店の入口にサインポールと呼ばれる赤青白の3色で構成された円筒状の看板が螺旋状に回転している(詳しくは理美容師を参照)。 なお、大半の個人経営の店は毎週月曜日を定休日としていた。これは第二次世界大戦中から戦後にあった全国的な電力不足における休電日が月曜日だった名残である。全国的には月曜が多かったが、地域により火曜(愛知県など)や水曜(三重県など)に設定されており、その地域では各々の休電日に合わせて定休日が設定された。
美容に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

美容外科学

美容外科(びようげか,Cosmetic Surgery/Plastic Surgery)は、人体の機能上の欠損や変形の矯正よりも、専ら美意識に基づく人体の見た目の改善を目指す臨床医学の一つで、独立した標榜科目でもある。医療全体がクオリティ・オブ・ライフ QOL重視の流れにあり、日本経済の成熟と医療市場の拡大により、近年注目されている医療分野である。外科学の一分野。
近年になってからは、形成外科学の一分野である認識もあり(日本における歴史的背景では美容整形は形成外科にも含まれないものだった)、大学病院や総合病院において美容外科がある場合は形成外科学 形成外科内に併設されている場合が多い。しかし、歴史的には美容外科は大学病院などで扱われはじめたのは比較的最近のことであり、街の開業医たちによって技術が育まれてきた異色の側面があった。その経緯と、既に標榜科の整形外科学 整形外科や形成外科学 形成外科の定義付けに、美容外科的なものが含まれてなかった事もあり、美容外科は1978年(昭和53年)に標榜科目に認可された。それは遡ること形成外科を標榜科目に申請する際、形成外科の重鎮が日本医師会会長の武見太郎に『形成外科は美容を含まない。』旨の一筆を入れていたからでもある。(なお、美容外科に類似する名称として「美容皮膚科」や「美容内科」等の名称を診療所が独自に用いている例もあるが、これらの名称は標榜科目としては認可されていない。)また近年の形成外科に美容外科を併設する風潮は、多くの形成外科が病院経営から見て年間ベースで赤字だったり低利益だったりしているので、収益のアップの動機からというのは大きい。
美容に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

美容師と理容師

理美容師(りびようし)とは、共に髪型を整える職業である美容師と理容師の総称である。 (両職業は大変良く似ているため、本項では双方に共通した事柄についてまとめて述べる。) 資格 美容師又は理容師になるには、それぞれの免許の取得が必要であり、そのためには、大学に入学できる者(高卒者)が厚生労働大臣が指定するそれぞれの養成施設に2年以上通い、それぞれの国家試験に合格する必要がある。試験は財団法人理容師美容師試験研修センターが行い、各都道府県の受験会場や指定の学校で年2回実施されている。 理容師と美容師の違い おおまかに言えば、かつては男性を対象とするのが理容師、女性を対象とするのが美容師であった。現在は法律で、 理容 頭髪の刈込、顔そり等の方法により容姿を整えること(理容師法第1条の2第2項) 美容 パーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により容姿を美しくすること(美容師法第2条第2項)と定義されている。
美容に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

美容と理容

美容(びよう)とは、容姿を美しくすることをいい、理容(りよう)とは、容姿を整えることをいう。おおまかには女性を対象としたものが美容、男性を対象としたものが理容とされることが多い。
美容と理容の意味は似ているが、法律では次の通り区別されている。
理容: 頭髪の刈込、顔そり等の方法により、容姿を整えること (理容師法第1条の2)
美容: パーマネントウエーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること (美容師法第2条)
近年では、顔や体を美しくしたり、もしくはそう見えるように整えたりすることに関心が集まり、美容という言葉をよく聞くようになってきている。最近は男性も理容院(床屋)ではなく美容院を利用したり、シェービングのために女性が理容院を利用する場合も多く、両者の境界の区別は明確でなくなりつつある。理容院の店の多くは、店の前にサインポールと呼ばれる赤白青の細長い看板がクルクルと回転している。(詳しくは美容師と理容師を参照)
美容に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

美容外科

美容外科(びようげか,Cosmetic Surgery/Plastic Surgery)は、人体の機能上の欠損や変形の矯正よりも、専ら美意識に基づく人体の見た目の改善を目指す臨床医学の一つで、独立した標榜科目でもある。医療全体がQOL重視の流れにあり、日本経済の成熟と医療市場の拡大により、近年注目されている医療分野である。外科学の一分野であり、医療を目的とした形成外科学とは異なる。また、整形外科学と混同されがちであるが全く分野の異なるものである。 他科との関係 近年になってからは、形成外科学の一分野である認識もあり(日本における歴史的背景では美容整形は形成外科にも含まれないものだった)、大学病院や総合病院において美容外科がある場合は形成外科内に併設されている場合が多い。しかし、歴史的に美容外科が大学病院などで扱われはじめたのは比較的最近のことであり、街の開業医たちによって技術が育まれてきた異色の側面があった。その経緯と、既に標榜科の整形外科や形成外科の定義付けに、美容外科的なものが含まれていなかった事もあり、美容外科は1978年(昭和53年)に標榜科目に認可された。
美容に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

美容整形

『美容外科』より : 美容外科(びようげか,Cosmetic Surgery/Plastic Surgery)は、人体の機能上の欠損や変形の矯正よりも、専ら美意識に基づく人体の見た目の改善を目指す臨床医学の一つで、独立した標榜科目でもある。医療全体がQOL重視の流れにあり、日本経済の成熟と医療市場の拡大により、近年注目されている医療分野である。外科学の一分野であり、医療を目的とした形成外科学とは異なる。また、整形外科学と混同されがちであるが全く分野の異なるものである。 他科との関係 近年になってからは、形成外科学の一分野である認識もあり(日本における歴史的背景では美容整形は形成外科にも含まれないものだった)、大学病院や総合病院において美容外科がある場合は形成外科内に併設されている場合が多い。しかし、歴史的に美容外科が大学病院などで扱われはじめたのは比較的最近のことであり、街の開業医たちによって技術が育まれてきた異色の側面があった。その経緯と、既に標榜科の整形外科や形成外科の定義付けに、美容外科的なものが含まれていなかった事もあり、美容外科は1978年(昭和53年)に標榜科目に認可された。
美容に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

美容整形手術

『美容外科』より : 美容外科(びようげか,Cosmetic Surgery/Plastic Surgery)は、人体の機能上の欠損や変形の矯正よりも、専ら美意識に基づく人体の見た目の改善を目指す臨床医学の一つで、独立した標榜科目でもある。医療全体がQOL重視の流れにあり、日本経済の成熟と医療市場の拡大により、近年注目されている医療分野である。外科学の一分野であり、医療を目的とした形成外科学とは異なる。また、整形外科学と混同されがちであるが全く分野の異なるものである。 他科との関係 近年になってからは、形成外科学の一分野である認識もあり(日本における歴史的背景では美容整形は形成外科にも含まれないものだった)、大学病院や総合病院において美容外科がある場合は形成外科内に併設されている場合が多い。しかし、歴史的に美容外科が大学病院などで扱われはじめたのは比較的最近のことであり、街の開業医たちによって技術が育まれてきた異色の側面があった。その経緯と、既に標榜科の整形外科や形成外科の定義付けに、美容外科的なものが含まれていなかった事もあり、美容外科は1978年(昭和53年)に標榜科目に認可された。
美容に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

美容師

美容師(びようし、英: beautician、hairdresser)は、厚生労働大臣の免許を受けてパーマネントウエーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくする者をいう。 なお、染毛(ヘアカラー)は、美容師法第二条第一項に明示する行為に準ずる行為であるので、美容師又は理容師でなければこれを業として行ってはならない。日本における国家資格については理美容師を参照。 Category:日本の美容師も参照。 日本においては、髪結床として女性の髪結や男性の丁髷(ちょんまげ)などを結ってきたが、明治4年8月9日に発布されたいわゆる「断髪令」より「近代理容業」として生まれ変わる。1957年主に女性客のために理容師法から美容師法が独立する。現在においても美容師法は『美容とは「パーマネントウェーブ、結髪、化粧等の方法により、容姿を美しくすること」とされている。美容師がコールドパーマネントウェーブ等の行為に伴う美容行為の一環としてカッティングを行うことは美容の範囲に含まれる。
美容に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

美容院

『美容所』より : 美容所(びようしょ)とは、美容(パーマ、結髪、化粧など容姿を美しくする)の業を行うために設けられた施設、あるいはその建物。美容師法により規定されており、開設には都道府県知事への届出が必要となる。一般的には美容院(びよういん)、美容室(びようしつ)とも呼ばれている。 美容師法 美容師法 (昭和三十二年六月三日法律第百六十三号、最終改正年月日:平成一三年六月二九日法律第八七号)により、以下の項に関して定められている。 第七条:美容所以外の場所における営業の禁止 第十一条:美容所の位置等の届出 第十二条:美容所の使用 第十二条の二:地位の承継 第十二条の三:管理者 第十三条:美容所について講ずべき措置 第十四条:立入検査 第十五条:閉鎖命令 美容所の特性 美容所は主に女性客対象であり、大手美容サロン「Toni&guy」の調査によると、家からさほど離れていない美容所での滞在時間は1時間前後が最適とされ、来店周期は2か月に1度が最も多く、費用としては6,400円程度が妥当という結果になっている。
美容に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

美容所

美容所(びようしょ)とは、美容(パーマ、結髪、化粧など容姿を美しくする)の業を行うために設けられた施設、あるいはその建物。美容師法により規定されており、開設には都道府県知事への届出が必要となる。一般的には美容院(びよういん)、美容室(びようしつ)とも呼ばれている。 美容師法 美容師法 (昭和三十二年六月三日法律第百六十三号、最終改正年月日:平成一三年六月二九日法律第八七号)により、以下の項に関して定められている。 第七条:美容所以外の場所における営業の禁止 第十一条:美容所の位置等の届出 第十二条:美容所の使用 第十二条の二:地位の承継 第十二条の三:管理者 第十三条:美容所について講ずべき措置 第十四条:立入検査 第十五条:閉鎖命令 美容所の特性 美容所は主に女性客対象であり、大手美容サロン「Toni&guy」の調査によると、家からさほど離れていない美容所での滞在時間は1時間前後が最適とされ、来店周期は2か月に1度が最も多く、費用としては6,400円程度が妥当という結果になっている。
美容に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

美容室

『美容所』より : 美容所(びようしょ)とは、美容(パーマ、結髪、化粧など容姿を美しくする)の業を行うために設けられた施設、あるいはその建物。美容師法により規定されており、開設には都道府県知事への届出が必要となる。一般的には美容院(びよういん)、美容室(びようしつ)とも呼ばれている。 美容師法 美容師法 (昭和三十二年六月三日法律第百六十三号、最終改正年月日:平成一三年六月二九日法律第八七号)により、以下の項に関して定められている。 第七条:美容所以外の場所における営業の禁止 第十一条:美容所の位置等の届出 第十二条:美容所の使用 第十二条の二:地位の承継 第十二条の三:管理者 第十三条:美容所について講ずべき措置 第十四条:立入検査 第十五条:閉鎖命令 美容所の特性 美容所は主に女性客対象であり、大手美容サロン「Toni&guy」の調査によると、家からさほど離れていない美容所での滞在時間は1時間前後が最適とされ、来店周期は2か月に1度が最も多く、費用としては6,400円程度が妥当という結果になっている。
美容に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

美容師国家試験

美容師国家試験(びようしこっかしけん)とは国家資格である、美容師の免許を取得するための国家試験である。 試験 厚生労働省が指定した試験機関である財団法人理容師美容師試験研修センターにより実施されている。同法人が定めた受験地(養成施設等)において、学科は3月と9月の2回、実技は1月と8月の2回において行われる。 試験科目 筆記関係法規・制度 衛生管理 美容保健 美容の物理・化学 美容理論実技第1課題(2010年夏の試験まではオールパーパス巻きのワインディング、オールウェーブセッティング、ローラーカールの中から1つだが、それ以降はデザイン巻きのワインディング、オールウェーブセッティングの2つからの1つになる) 第2課題(2010年夏の試験まではグラデーションボブだが、それ以降はレイヤーカットになる) 美容を行う場合の衛生上の取扱い 受験資格 厚生労働省が指定する美容師養成施設で、昼間及び夜間課程は2年・通信課程は3年以上修学し、必要な学科・技能を修めた者。
美容に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

美容液

美容液(びようえき)とは基礎化粧品の一つ。保湿成分や美白成分などの美容成分が濃縮して配合されている。通常、美容成分の肌への吸収性を高めるため、化粧水等で肌を整えた後に、油分を含む基礎化粧品を使用する前に肌に塗布することが多い。 1975年発売のコーセーRCリキッドが先駆け。さらに1980年代に外資系化粧品メーカーであるエスティローダーと資生堂が高機能の美容液と銘打った商品を売り出した後、日本においても急速に広まった。有効成分が高濃度で配合されているために、通常、他の基礎化粧品と比較して高価格であることが多い。 成分 美容液に配合されることが多い美容成分には、 ビタミンC ビタミンE アルブチン レチノール ヒアルロン酸 コラーゲン ハトムギエキス 海藻エキス トラネキサム酸 エラスチンなどがある。
美容に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

美容師法

美容師法(びようしほう、昭和32年6月3日法律第163号)は、美容師、管理美容師全般の職務・資格などに関して規定した、日本の法律である。昭和32年9月2日に施行された。 関連項目 美容師 管理美容師 外部リンク 美容師法。
美容に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

美容整形外科

『』より : 美容外科(びようげか,Cosmetic Surgery/Plastic Surgery)は、人体の機能上の欠損や変形の矯正よりも、専ら美意識に基づく人体の見た目の改善を目指す臨床医学の一つで、独立した標榜科目でもある。医療全体がQOL重視の流れにあり、日本経済の成熟と医療市場の拡大により、近年注目されている医療分野である。外科学の一分野であり、医療を目的とした形成外科学とは異なる。また、整形外科学と混同されがちであるが全く分野の異なるものである。 他科との関係 近年になってからは、形成外科学の一分野である認識もあり(日本における歴史的背景では美容整形は形成外科にも含まれないものだった)、大学病院や総合病院において美容外科がある場合は形成外科内に併設されている場合が多い。しかし、歴史的に美容外科が大学病院などで扱われはじめたのは比較的最近のことであり、街の開業医たちによって技術が育まれてきた異色の側面があった。その経緯と、既に標榜科の整形外科や形成外科の定義付けに、美容外科的なものが含まれていなかった事もあり、美容外科は1978年(昭和53年)に標榜科目に認可された。
美容に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP