マッサージに関する辞典<マッサージの基本TOP

マッサージの基本

マッサージ情報

マッサージ

マッサージ(英: massage)は、皮膚に求心的に施術することにより主に静脈系血液循環の改善やリンパ循環の改善を目的にした手技療法である。マッサージは、フランスで生まれた手技療法(仏: massage、マサージュ)を指すが、同様の効果を得られるものとしてタイ式や朝鮮式のマッサージ(안마と呼ばれるものは除く。)も便宜的に「マッサージ」と呼ばれる。 マッサージには静脈・リンパ循環を促進する効果がある。スポーツ・運動時前後には、筋肉緊張をほぐしたりするためにマッサージが用いられる。他にマッサージによる(適度な)刺激などにより、緊張の緩和をもたらし、筋肉痛を和らげる、排便を促す、気分が和らぎ眠りを誘う、等がある。 現在、マッサージは通常医療の場でも(リハビリテーション等々)、代替医療の場でも、様々な健康増進目的で個々人が自分自身に行う形(セルフマッサージ)でも行われている。 マッサージはギリシャ語のマッシー(揉む)、ラテン語の手、アラビア語のマス(押す)、ヘブライ語の触るが語源とされる。
マッサージに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

マッサージパーラー

マッサージパーラーとは、顧客にマッサージを提供する店舗のこと。この場合の「マッサージ」は多くの場合性的なニュアンスを含み、性行為を業とする店舗の隠語として用いられる。こうした表向きはマッサージ店を装った性風俗店は、アメリカ、イギリス、メキシコ、韓国、タイ、フィリピンをはじめとする東南アジア一帯など世界各地に見られる。また、呼称は異なるものの、同種の業態は日本にも『ソープランド』として多数存在する。 タイ王国 主にタイ王国のバンコクやチェンマイなどにある性風俗店のことで、MPという略称でも呼ばれる。日本のソープランドによく似たシステムで、性的サービスが提供される。 最大の特徴は、雛壇(金魚鉢とも)と呼ばれる大きな部屋にキャストと呼ばれる女性が数人〜数十人ほど座っており、実際に店舗で直接本人を見てから指名するというシステムである。 同じ店でもキャストによって料金が違うのも特徴である。基本的にはキャストごとにバッジの色でランク分けされて料金が決められており(但しランク分けの明確な基準はなく、あくまで"キャストによる自己申告"の模様)、キャストは同じバッジの色同士で固まって座っている。
マッサージに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP