健康に関する辞典<健康の基本TOP

健康の基本

健康情報

健康

健康 (けんこう、英: health)とは、心身がすこやかな状態であること。 概念 健康の概念は、1948年の設立における世界保健機関憲章の前文にある、以下の定義が有名である。 この定義は、健康に関連する権利が不可分かつ相互依存であることを示している。 世界保健機関は1999年の総会で健康の定義として以下の定義を提案しているが、審議には至っていない。強調は1948年との変更箇所(原文に強調はない)。 社会的な健康の概念は、健康の社会的決定要因により説明される。すなわち、裕福で、富の分布が公平な社会にすむ人たちは、健康である。また、どのような社会においても、社会的地位が低いと、平均寿命は短く、疾病が蔓延している。 健康観 健康観(けんこうかん、英: health view)とは、健康に関する価値観・価値基準の事である。医学・福祉に従事する者は、健康を医科学的側面と価値観的側面の両立を成しえてこそ維持されるものであり、その点で健康観的な研究、あるいは知識を身につける。
健康に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

健康保険

『健康保険制度』より : 日本における健康保険(けんこうほけん、英語: Employee Health Insurance)とは、雇用者の福利厚生を目的に社会保険方式で運営される医療保険(被用者保険、職域保険)のうち、健康保険法に基づくもの。医療保険事務上の略称は社保(しゃほ)と言われ、国保(こくほ)と呼ばれる地域保険と区別される。なお、公務員などの共済組合加入者の被用者保険については、健康保険法ではなく国家公務員共済組合法などに基づく共済組合でカバーされる。 概略 健康保険法については以下では条数のみ記す。健康保険制度は、労働者又はその被扶養者の業務災害以外の疾病、負傷若しくは死亡又は出産に関して保険給付を行い、もって国民の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とする(第1条)。業務上の疾病等については労災保険の対象となる。業務上か業務外かはっきりしない場合は、一応業務上として取り扱い、最終的に業務外と判断された場合はさかのぼって健康保険を適用する。健康保険と労災保険のどちらの給付も受けられないケースがあったことから、平成25年に第1条を改正し、広く医療を保障する観点から、労災保険の給付が受けられない場合には、原則として健康保険の給付が受けられることとするものである。
健康に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

健康保険制度

医療保険(いりょうほけん、Health Insurance)とは、医療機関の受診により発生した医療費について、その一部又は全部を保険者が給付する仕組みの保険である。 高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が圧迫されることを防ぐため、被保険者の自己負担割合や自己負担金が定められていたり、予め保障範囲が制限されていたりすることが多い。 種別 強制加入の公的医療保険と、任意加入の私的(プライベート)医療保険の2種類に分けられる。 公的医療保険は予め被保険者の範囲が行政によって定められている医療保障制度である。多くの先進国では公的な医療保険制度を用意しているが、対象者の範囲や財源方式については国により異なる。公的医療保険でも引受人が政府機関とは限らず、民間企業が引き受ける国もある(オランダの医療、スイスの医療など)。
健康に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

健康科学・看護学科

『医学部』より : 医学部(いがくぶ)は、大学において医学に関する研究・教育を行っているところ。また医学を専門に学ぶ課程である。 医学部の社会的責務は教育・臨床・研究の3つであると言われる。 医療教育は、実際に患者に触れて心理や倫理を学ぶ事ができる附属病院を有している方が効果的であるため、医学部の責務とされる。また医学教育は、高度先進医療を行う病院には「まれな疾患ではあるが病態を理解しやすい難病」の患者が集まり、この様な病院の方が効果的であるため、医学部の責務とされる、学部学生の臨床実習、卒業後の研修等が行われる。 高度先進医療は、世界中から最先端の知見を集めて地域の医療レベルの向上に資するため、またそれには研究を行っている学者がいる病院である方が効果的であるため、また最新の医学を学生に学ばせるために、医学部の責務とされる。 研究は、現在の医学では治せない難病に対して実験的治療が行える高度先進設備と学者が揃った病院で行ったほうが効果的であるため、医学部の責務とされる(特定機能病院)。
健康に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

健康補助食品

『サプリメント』より : 健康食品(けんこうしょくひん)は、健康の保持増進に役立つものであると機能が宣伝され販売・利用されることで、学術的な認識とは独立して社会的な認識においては他の食品と区別される一群の食品の呼称である。日本では健康食品の一部は行政による機能の認定を受け「保健機能食品」と呼ばれるが、それ以外では効果の確認及び保証はなされない。また業界団体である日本健康・栄養食品協会は(旧)厚生省の指導により規格基準を設定し、1986年より「健康補助食品」の認定マーク(JHFAマーク)を発行している。「いわゆる健康食品」や「健康志向食品」などの用語も使用される。 定義 日本の法律(医薬品医療機器等法及び食品衛生法)では、口に入る物は「食品」か「薬」のどちらかであり、「健康食品」というカテゴリーは存在しない。健康食品は法律上、「食品」として扱われる。(詳しくは分類の項参照) 2003年から2004年にかけて13回行なわれた行政による「健康食品に係る制度のあり方に関する検討会」においての定義は「広く、健康の保持増進に資する食品として販売・利用されるもの全般」とされている。
健康に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

健康診断

健康診断(けんこうしんだん)とは、診察および各種の検査で健康状態を評価することで健康の維持や疾患の予防・早期発見に役立てるものである。健診・健康診査とも呼ばれる。 学校や職場、地方公共団体で行われるなど『法令により実施が義務付けられている』ものと、受診者の意思で『任意に』行われるものがある。任意に行われる健康診断は診断書の発行を目的とした一般的評価のことが多いが、全身的に詳細な検査を行い多種の疾患の早期発見を目的としたサービスも広く普及しており、船舶のオーバーホール施設になぞらえて人間ドックと呼ばれる。 危険物・特定の化学物質などを扱う職業の従事者はそれに応じた健康診断を定期的に受けることが義務づけられており、この健康診断は重大な職業病の発生を未然に防ぐことが目的という点で一般的なものとはやや性格を異にする。 なお、特定の疾患の発見を目的としたものは検診(たとえばがん検診)とよばれる。 健診5項目 厚生科学研究班が一般向けに作成したガイドライン(Minds医療情報サービス)に受診すべき健診5項目と対象疾患について解説がある。
健康に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

健康食品

健康食品(けんこうしょくひん)は、健康の保持増進に役立つものであると機能が宣伝され販売・利用されることで、学術的な認識とは独立して社会的な認識においては他の食品と区別される一群の食品の呼称である。日本では健康食品の一部は行政による機能の認定を受け「保健機能食品」と呼ばれるが、それ以外では効果の確認及び保証はなされない。また業界団体である日本健康・栄養食品協会は(旧)厚生省の指導により規格基準を設定し、1986年より「健康補助食品」の認定マーク(JHFAマーク)を発行している。「いわゆる健康食品」や「健康志向食品」などの用語も使用される。 定義 日本の法律(医薬品医療機器等法及び食品衛生法)では、口に入る物は「食品」か「薬」のどちらかであり、「健康食品」というカテゴリーは存在しない。健康食品は法律上、「食品」として扱われる。(詳しくは分類の項参照) 2003年から2004年にかけて13回行なわれた行政による「健康食品に係る制度のあり方に関する検討会」においての定義は「広く、健康の保持増進に資する食品として販売・利用されるもの全般」とされている。
健康に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

健康ブーム

健康ブームとは、健康な状態を維持したい、今よりさらに健康になりたいと、各種の健康関連商品・サービスに走る現象のこと。 日本において、近年では社会全体の高齢化や扇情的なマスメディア内容・インターネット等の媒体による情報過多により、ますます強くなる傾向にある。 古くから「たくさん働けば、お金が多く手に入り、幸せになれる」や「たくさん働くためには健康でなければならない」という価値観の元、健康に対する信仰は存在していたものの、特に現代社会では様々な産業分野で、これらの不安を煽りつつ、自社製品やサービスを宣伝する業者も多い事から、更に加速しやすい背景がある。そのため現代において健康は、何かを達成するための手段ではなく、健康自体が目的となっている傾向も見出され、この「健康になるための手段」に対する汎社会的な流行現象を指して「健康ブーム」と表現される。 対象は、健康食品・ポリフェノール・ビタミンやアミノ酸などサプリメント・ミネラルウォーター・ダイエットグッズ・健康グッズ・スポーツ・ジョギング・ウォーキング・温泉ブーム等、さまざまある。
健康に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

健康保険組合連合会

健康保険組合連合会(けんこうほけんくみあいれんごうかい)は、健康保険法にもとづき設立された、特別の法律により設立される法人である。通称「健保連(けんぽれん)」と呼ばれ、全国の健康保険組合の連合組織として活動している。 1943年4月29日に設立。2007年4月1日現在、日本全国の1,520の健保組合で構成し、加入者数は3000万人、全国民の約4分の1をカバーしている。 会費 会費は、会員組合から規模等の状況に応じた金額を徴収している。 事業内容 保険給付と保健活動を行う各健保組合の連合体として活動を支え、機能を充実させることを目的としている。 主な内容 制度改革のための活動 医療費適正化のための活動 健保組合間の共同事業の推進活動 健保組合運営のサポート活動 情報提供活動 調査研究活動上記に加え、大阪中央病院やホテルはあといん乃木坂を運営している。
健康に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

健康日本21

『21世紀における国民健康づくり運動』より : 21世紀における国民健康づくり運動(にじゅういっせいきにおけるこくみんけんこうづくりうんどう)とは、2000年(平成12年)に厚生省(当時)により始められた第3次、第4次の国民健康づくり運動の事。通称健康日本21(けんこうにっぽんにじゅういち)である。 2000年度から2012年度までは健康日本21(21世紀における国民健康づくり運動)が行われ、2013年から2022年までは健康日本21(第二次)(二十一世紀における第二次国民健康づくり運動)が行われている。 健康日本21 運動概要 日本国政府レベルでの健康日本21は、2000年(平成12年)3月31日の厚生省事務次官通知等により策定されたが、その後健康増進法により、都道府県、市町村においても策定が要請されている。現在、全都道府県で策定が完了したが、市町村版の策定は合併などの影響もありあまり進んでいない。なお、以下にあげられる目標値は、国レベルでの健康日本21におけるものである。 生活習慣病の予防を目的とし、その大きな原因である生活習慣を改善する運動である。
健康に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

健康観

『健康』より : 健康 (けんこう、英: health)とは、心身がすこやかな状態であること。 概念 健康の概念は、1948年の設立における世界保健機関憲章の前文にある、以下の定義が有名である。 この定義は、健康に関連する権利が不可分かつ相互依存であることを示している。 世界保健機関は1999年の総会で健康の定義として以下の定義を提案しているが、審議には至っていない。強調は1948年との変更箇所(原文に強調はない)。 社会的な健康の概念は、健康の社会的決定要因により説明される。すなわち、裕福で、富の分布が公平な社会にすむ人たちは、健康である。また、どのような社会においても、社会的地位が低いと、平均寿命は短く、疾病が蔓延している。 健康観 健康観(けんこうかん、英: health view)とは、健康に関する価値観・価値基準の事である。医学・福祉に従事する者は、健康を医科学的側面と価値観的側面の両立を成しえてこそ維持されるものであり、その点で健康観的な研究、あるいは知識を身につける。
健康に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

健康増進時代

『健康増進時代』(けんこうぞうしんじだい)は、1961年8月5日から1995年3月31日まで日本テレビ系列で放送されていた医療・医学関連の情報番組。 日本テレビ報道部番組制作部が制作を担当した。大学の医学部や研究所の教授、病院の医師らが解説者として医療の諸問題などについて解説し、聞き手とともに番組を進行していた。オープニングテーマ曲に「健康は、人生最高の宝です」のナレーションが入っていた。日本医師会と毎週持ち回りで複数の大手薬品メーカー・医療関連会社が提供兼協賛となる番組だった。これは、放送枠上の後続番組となる『Oh!診』→『からだ元気科』にも引き継がれている。放送枠は15分であり、その場合は後の15分が「マイライフ'○○」(○○は、放送年の西暦の下2桁。国民生活センター提供)の時期もあった。 放送時間 すべて日本標準時。 土曜 11:40 - 11:55 (1961年8月5日 - 1963年3月30日) 月曜 13:50 - 14:05 (1963年4月1日 - 同年9月30日) 月曜 13:35 - 13:55 (1963年10月7日 - 1964年3月23日) 月曜 13:30 - 13:45 (1964年3月30日 - 1965年11月15日) 月曜 13:45 - 14:00 (1965年11月22日 - 1969年3月24日) 月曜 14:45 - 15:00 (1969年3月31日 - 同年9月29日) 月曜 14:15 - 14:30 (1969年10月6日 - 1970年3月30日) 日曜 08:15 - 08:30 (1970年4月5日 - 1974年3月31日) - 1972年4月2日放送分からカラー化。
健康に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

健康ワンポイント

健康ワンポイント(けんこう-)は、社団法人国民健康保険中央会が、国民の健康意識を高め、より一層の健康増進を目的として提供しているラジオ番組で全国38局のラジオ局で毎週月曜から金曜まで毎日放送していた。またこの番組の内容はインターネットの共同通信社サイトでも全文掲載している。健康づくりや病気の予防に役立つ、季節に合ったタイムリーな情報を、週がわりで専門家へインタビューするという形式であった。ニッポン放送制作で、インタビュアーはニッポン放送・那須恵理子アナウンサー。2001年10月1日開始。2005年4月1日終了。 放送終了時のネット局と放送時間 ※放送時間帯は多少前後する LFニッポン放送 11:22 - 11:27(有楽町情報交差点内)) STVラジオ 17:35 - (ドライビングパートナー・STVホットライン内) RAB青森放送 15:20 - (あおもりTODAY内) IBC岩手放送 15:55 - (ワイドステーション内) TBC東北放送 12:45 - ABS秋田放送 11:30 - YBC山形放送 12:40 - RFCラジオ福島 9:30 - (ほっとタイム内) IBS茨城放送 16:25 - (阿部重典の@内) CRT栃木放送 16:10 - (本町8階交差点内) BSN新潟放送 15:50 - (石塚かおりのゆうわく伝説内) SBC信越放送 10:25 - YBS山梨放送 15:40 - KNB北日本放送 12:25 - MRO北陸放送 9:25 - (今日もシャキっと内) FBC福井放送 10:55 - (げんき一番内) SBS静岡放送 11:10 - (中村こずえの〜smile for you〜内) SF東海ラジオ放送 8:34 - (小島一宏 モーニングあいランド内) GBS岐阜放送 16:25 - (ゆうかんHotタイム内)※2005年3月終了。
健康に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

健康野菜

健康食品(けんこうしょくひん)は、健康の保持増進に役立つものであると機能が宣伝され販売・利用されることで、学術的な認識とは独立して社会的な認識においては他の食品と区別される一群の食品の呼称である。日本では健康食品の一部は行政による機能の認定を受け「保健機能食品」と呼ばれるが、それ以外では効果の確認及び保証はなされない。また業界団体である日本健康・栄養食品協会は(旧)厚生省の指導により規格基準を設定し、1986年より「健康補助食品」の認定マーク(JHFAマーク)を発行している。「いわゆる健康食品」や「健康志向食品」などの用語も使用される。 定義 日本の法律(医薬品医療機器等法及び食品衛生法)では、口に入る物は「食品」か「薬」のどちらかであり、「健康食品」というカテゴリーは存在しない。健康食品は法律上、「食品」として扱われる。(詳しくは分類の項参照) 2003年から2004年にかけて13回行なわれた行政による「健康食品に係る制度のあり方に関する検討会」においての定義は「広く、健康の保持増進に資する食品として販売・利用されるもの全般」とされている。
健康に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

健康天気予報

健康天気予報(けんこうてんきよほう)は、東京放送 TBS(東京放送)のテレビ・ラジオ双方で展開される、天気予報及び生活情報を取り扱うミニ番組。テルモ一社提供。
通常のローカル天気予報に加え、花粉症や熱中症、関節痛、さらにはインフルエンザにかかり易い日といった、気象が健康に与える影響を1週間ごとに予測し、生活における病気の予防などの注意点を伝えるのが特徴。
2004年4月4日~2006年3月26日にかけて東京放送 TBSテレビにて放送。毎日放送 MBSや中部日本放送 CBC、RKB毎日放送 RKBなど一部のTBS系列地方局でも放送されたが、あくまで企画ネットという形式に過ぎず、各放送局が自局のサービスエリア向けに制作したものを放送していた。
健康に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

健康ランド

健康ランド(けんこうランド)とは、ジャグジーバス、薬湯、打たせ湯、サウナなどの多種の浴槽、マッサージコーナー、休憩室、カラオケ、ゲームコーナー、食堂などを有する、日本の大規模な公衆浴場。健康センター、クアハウス、スパとも呼ばれる。 施設によっては、温泉を引き湯しているところもある。 一般の銭湯と異なり、タオルや石鹸、シャンプー、剃刀などの入浴道具が一通りそろい、館内用のガウンが貸し出される。このため、手ぶらでも支障なく利用できる。だが、利用料金は大人一人1,000〜2,500円程度と、通常の銭湯(おおよそ大人一人400円前後)より高額であるが、2010年代においてはタオルや館内着などのサービスを受けずタオルなどを持参すれば500円程度で入浴が可能な店舗もある。2〜6時間程度の時間料金制をとる施設も多い。 銭湯や温泉旅館等とは異なる、娯楽性を伴った大規模入浴施設は、1955年に登場した船橋ヘルスセンターがそのはしりで、当時は往々にして「ヘルスセンター」と呼ばれることが一般的だった。
健康に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

健康家族 (通信販売)

株式会社 健康家族(けんこうかぞく)は、鹿児島県鹿児島市平之町に本社を置く健康食品の通信販売を行う企業である。創業38年(平成26年時点)を迎える健康食品会社としては老舗。 健康補助食品「伝統にんにく卵黄」「熟成黒酢にんにく」「植物生まれのグルコサミン」などの健康食品でその名を知られる。物流センターが、熊本県熊本市中央区水前寺に存在する。 沿革 平成元年4月 - 会社設立 平成5年11月 - <伝統にんにく卵黄>発売 平成12年8月 - プライバシーマーク取得(通信販売で第一号) 平成13年6月 - 健康家族鹿児島・熊本が合併 平成14年5月 - <伝統にんにく卵黄>JHFAマーク取得 平成22年5月 - 自社農場 有機JAS認定全圃場取得 平成22年6月 - <伝統にんにく卵黄>売上日本一(2010年東京商工リサーチ発表) 平成23年11月 - にんにく総合研究所設立 平成24年3月 - <伝統にんにく卵黄>に使用のにんにく成分で特許を取得 平成24年3月 - <伝統にんにく卵黄>販売累計1億袋突破 テレビ広告 「♪ココハ~ニンニク(550229)、健康家族」のサウンドロゴによるTV-CMを放送中。
健康に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

健康保険法

健康保険法(けんこうほけんほう、大正11年4月22日法律第70号)は、労働者及び被扶養者の健康保険制度について定めた日本の法律である。 2002年の健康保険法改正によって、高齢者医療制度改革と医療保険制度改革が行われた。本人負担が2割から3割へ負担増となったのも、これによるものである。 構成 第1章 総則 第2章 保険者 第1節 通則 第2節 全国健康保険協会 第3節 健康保険組合 第3章 被保険者 第1節 資格 第2節 標準報酬月額及び標準賞与額 第3節 届出等 第4章 保険給付 第1節 通則 第2節 療養の給付及び入院時食事療養費等の支給 第1款 療養の給付並びに入院時食事療養費、特定療養費及び療養費の支給 第2款 訪問看護療養費の支給 第3款 移送費の支給 第4款 補則 第3節 傷病手当金、埋葬料、出産育児一時金及び出産手当金の支給 第4節 家族療養費、家族訪問看護療養費、家族移送費、家族埋葬料及び家族出産育児一時金の支給 第5節 高額療養費の及び高額介護合算療養費の支給 第6節 保険給付の制限 第5章 日雇特例被保険者に関する特例 第1節 日雇特例被保険者の保険の保険者 第2節 標準賃金日額等 第3節 日雇特例被保険者に係る保険給付 第6章 保健事業及び福祉事業 第7章 費用の負担 第8章 健康保険組合連合会 第9章 不服申立て 第10章 雑則 第11章 罰則 附則 資格 保険医 保険薬剤師 外部リンク 総務省法令データ提供システム。
健康に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

健康心理学

健康心理学(けんこうしんりがく、英語: health psychology)は、心理学の応用分野、応用心理学の1つである。 沿革 アメリカ合衆国では、1980年に心理学会の一部門として健康心理学会が誕生、日本では、1980年代後半からこの方面の総合的な共同研究の機運が高まってきた。健康心理学で言う健康は、WHO(世界保健機関)の定義にもあるように多面的であり、精神的なものはもとより、身体的、社会的側面を含むものである。主として精神的健康(メンタルヘルス)に焦点を当てる臨床心理学とは、この点において相違があり、むしろ医療行動科学と呼ばれる分野に近い。ストレスやライフスタイル、様々な生活習慣と疾病、生活習慣病や心と体のバランスを含めた幅の広い健康とそれを取り巻く諸問題に、心理学、疫学、生物学、行動科学、看護学、教育学などから学際的にアプローチしていこうとするものである。
健康に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

健康器具

健康器具(けんこうきぐ)とは、使用することにより健康の増進や体型の維持向上が期待できると標榜されている器具(工業製品)の総称である。 これに類する器具は、近年の健康ブームやフィットネスブームにより市場が拡大、広範囲な分野において商品が開発され、TVショッピングなどの通信販売やホームセンターなどで大量販売されている。多くの場合、継続した使用が難しいこと、ブームとなる期間が短いことが挙げられる。 ただ健康増進を目的とすると標榜された器具は古くからある。これらが運動機能の代用として機能するとうたわれ、スポーツ用品との境界は不鮮明な傾向も見られるものもある。しかし健康器具の多くでは器具に固有の体操方法を提供するものであったり、あるいは特定の身体機能へ働きかけるといった作用をし、その器具の介在なしにはできない体操や体機能への影響を謳う製品を指す傾向が強い。 他にも体操方法を提供したりするものの他に、マイナスイオン発生器や浄水器のような、生活環境を改善するといった触れ込みの製品も多く、健康ブームの陰で相当数のこれに類する製品も登場しているが、効果が無かったりコピー商品の類や悪徳商法の横行など、様々な問題を含んでいる。
健康に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP