コスメに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

アンチエイジングの基本

コスメ情報

コスメ

『化粧品』より : 化粧品(けしょうひん、Cosmetics)とは、体を清潔にしたり、見た目を美しくしたりする目的で、皮膚等に塗布等するもので、作用の緩和なものをいう。いわゆる基礎化粧品、メーキャップ化粧品、シャンプーなどである。 日本で薬用化粧品といわれる化粧品は、医薬品医療機器等法上、化粧品ではなく医薬部外品に分類されるが、医薬部外品の概念は日本、韓国等一部の国にのみあるもので、多くの地域にはそのような概念がないため、日本で医薬部外品にあたるようなものが化粧品(cosmetics)として販売されていることがある。 日本標準商品分類では、香水及びオーデコロン、仕上用化粧品、皮膚用化粧品、頭髪用化粧品、特殊用途化粧品、その他の化粧品に大きく分類される。 以下では断り書きがない限り、日本での事例について取り扱う。 市場規模は2004年時点で約2兆円。メインターゲットは女性で、基礎化粧品(化粧水など)やメークアップ化粧品(口紅、ファンデーションなど)など顔につけるものから、ボディ用商品に至るまで、商品は多岐に渡る。
コスメに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

コスメティック

『化粧品』より : 化粧品(けしょうひん、Cosmetics)とは、体を清潔にしたり、見た目を美しくしたりする目的で、皮膚等に塗布等するもので、作用の緩和なものをいう。いわゆる基礎化粧品、メーキャップ化粧品、シャンプーなどである。 日本で薬用化粧品といわれる化粧品は、医薬品医療機器等法上、化粧品ではなく医薬部外品に分類されるが、医薬部外品の概念は日本、韓国等一部の国にのみあるもので、多くの地域にはそのような概念がないため、日本で医薬部外品にあたるようなものが化粧品(cosmetics)として販売されていることがある。 日本標準商品分類では、香水及びオーデコロン、仕上用化粧品、皮膚用化粧品、頭髪用化粧品、特殊用途化粧品、その他の化粧品に大きく分類される。 以下では断り書きがない限り、日本での事例について取り扱う。 市場規模は2004年時点で約2兆円。メインターゲットは女性で、基礎化粧品(化粧水など)やメークアップ化粧品(口紅、ファンデーションなど)など顔につけるものから、ボディ用商品に至るまで、商品は多岐に渡る。
コスメに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

コスメチック

『化粧品』より : 化粧品(けしょうひん、Cosmetics)とは、体を清潔にしたり、見た目を美しくしたりする目的で、皮膚等に塗布等するもので、作用の緩和なものをいう。いわゆる基礎化粧品、メーキャップ化粧品、シャンプーなどである。 日本で薬用化粧品といわれる化粧品は、医薬品医療機器等法上、化粧品ではなく医薬部外品に分類されるが、医薬部外品の概念は日本、韓国等一部の国にのみあるもので、多くの地域にはそのような概念がないため、日本で医薬部外品にあたるようなものが化粧品(cosmetics)として販売されていることがある。 日本標準商品分類では、香水及びオーデコロン、仕上用化粧品、皮膚用化粧品、頭髪用化粧品、特殊用途化粧品、その他の化粧品に大きく分類される。 以下では断り書きがない限り、日本での事例について取り扱う。 市場規模は2004年時点で約2兆円。メインターゲットは女性で、基礎化粧品(化粧水など)やメークアップ化粧品(口紅、ファンデーションなど)など顔につけるものから、ボディ用商品に至るまで、商品は多岐に渡る。
コスメに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

コスメ・デ・トーレス

コスメ・デ・トーレス(Cosme de Torres, 1510年 - 1570年10月2日)はフランシスコ・ザビエルと共に戦国時代の日本を訪れたイエズス会宣教師。 カトリック教会の司祭。ザビエルの意志を受けて18年にわたって日本で宣教。彼の目指した「適応主義」(宣教師が現地の文化に根ざして生きること)は当時のヨーロッパ人の限界を超えた思想であり、日本におけるキリスト教布教の成功をもたらした。 人名 スペイン語のrr(巻き舌音)の表記の関係で、「コスメ・デ・トルレス」とも書く(キリシタン、対外交渉史関係の文献では慣用的にこの表記例が多い)。また一部文献では「コスモ・デ・トルレス」とも書く。 ※参照:スペイン語の日本語表記#rr 生涯 スペイン・バレンシア出身のトーレスは若くして司祭となり、故郷を離れてメキシコに渡った。さらにビリャロボス艦隊に同行して東南アジアのモルッカ諸島までやってきた。1546年、そこでトーレスは運命的な出会いをする。たまたま同地に来ていたザビエルとの出会いである。ザビエルに心酔したトーレスは共にインドのゴアへ渡り、同地でイエズス会に入会した。
コスメに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

コスメ・デ・トルレス

『コスメ・デ・トーレス』より : コスメ・デ・トーレス(Cosme de Torres, 1510年 - 1570年10月2日)はフランシスコ・ザビエルと共に戦国時代の日本を訪れたイエズス会宣教師。 カトリック教会の司祭。ザビエルの意志を受けて18年にわたって日本で宣教。彼の目指した「適応主義」(宣教師が現地の文化に根ざして生きること)は当時のヨーロッパ人の限界を超えた思想であり、日本におけるキリスト教布教の成功をもたらした。 人名 スペイン語のrr(巻き舌音)の表記の関係で、「コスメ・デ・トルレス」とも書く(キリシタン、対外交渉史関係の文献では慣用的にこの表記例が多い)。また一部文献では「コスモ・デ・トルレス」とも書く。 ※参照:スペイン語の日本語表記#rr 生涯 スペイン・バレンシア出身のトーレスは若くして司祭となり、故郷を離れてメキシコに渡った。さらにビリャロボス艦隊に同行して東南アジアのモルッカ諸島までやってきた。1546年、そこでトーレスは運命的な出会いをする。たまたま同地に来ていたザビエルとの出会いである。ザビエルに心酔したトーレスは共にインドのゴアへ渡り、同地でイエズス会に入会した。
コスメに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

コスメの魔法

『コスメの魔法』(コスメのまほう)は、講談社の女性向けコミック「Kiss」に掲載のあいかわももこ原作の劇画、及びそれをモチーフにしたTBS系列、愛の劇場で2004年1月~2月、並びに2005年5月~7月(コスメの魔法2として)にそれぞれ放送されていたドラマである。 常に女性の美を追求し続ける信念を持つ大手化粧品メーカーのカリスマ美容スタッフ・高樹礼子を通して、女性の美の理想的なあり方をテーマに描いた作品である。 登場人物 コスメの魔法 高樹礼子 演:萬田久子  本作の主人公。マ・ベール化粧品の名物カリスマ美容部員。コスメのプロフェッショナルであり、卓越したコスメの知識と的確なカウンセリングにより、多くの女性たちの美と心身にまつわる悩みを解決に導いていく。コスメを通じて人を幸せに導くことを己の生きがいとしており、世界中の全ての女性を美しくキレイにするという夢を持つ。 常に妥協を許さず真剣な態度で客に接し、特に心身のケアや美容の重要性を理解していなかったり、コンプレックスを盾に努力を放棄しようとする女性客に対してはとことん厳しい態度で臨んでいる。
コスメに関する辞典<アンチエイジングの基本TOP