化粧に関する辞典<化粧の基本TOP

化粧の基本

化粧情報

化粧

化粧あるいは仮粧(けしょう)とは、 白粉(おしろい)や紅(べに)などをつけて顔(など)を装い、飾ること。英語でmakeup(カタカナでは「メイクアップ」「メーキャップ」と表記)フランス語でmaquillage 「マキアージュ」「マキヤージュ」。 (建築用語)外から見えるところ。建造物・工作物・道具・器具・機器などの内外の表面を、ある目的をもって仕上げること。 虚構・虚飾・脚色など、上辺(うわべ)のこと。中身がともなわないこと。「化粧軍(けしょういくさ)」と言うと、たたかっているフリだけをしていて、実際の戦力としては役に立とうとしていないこと。 ブリタニカ百科事典によると、化粧というのは、人間の顔を中心として首・手・足などの表面に化粧料をほどこし、美化することである。広義には、(人だけでなく)ものの外観を美しく飾ることである。 見る人の印象を操作するという機能・本質部分では、化粧と「装飾的な衣服」は同一であり、元来は一体的なもので、化粧のほうが洗い流すものであるのに対し、衣服は着脱可能で、はずしても原型をとどめる、という違いがある(/ 違いくらいしかない)ということになる。
化粧に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

化粧室

『便所』より : 便所(べんじょ)とは、大小便の排泄の用を足すための設備を備えている場所。さまざまな呼称や異称がある。 この施設は、悪臭を放ち周辺の環境を汚損するおそれのある汚物(主に糞・尿・吐瀉物)を衛生的に処分するための機能を持っている。近年の文明社会の多くでは、これら施設の多くは水洗だが、中には乾燥させたり、燃焼させたり、乾燥地帯では砂を掛けて糞便を乾燥させて処分する様式も見られ、衛生的に処理できればその方法は問わない。 便所内は臭気が発生するため、換気扇や換気筒などの換気設備を使い、他の室よりも負圧になるように工夫されている。また、便所の壁にはトイレットペーパーを掛けるペーパーホルダーのほか、タオル掛け、手摺などが設置されることもある。水洗式の場合は、個室内に便器洗浄用のタンクやフラッシュバルブが設置される。 気候・風土・生活習慣によって、求められる機能も様々であるため、世界各地には様々な便所が存在する。 様式 和式便器 - 床にしゃがみこむタイプ、トルコ式ともいう。欧米では「スクワット式」(しゃがみ込む方式)とも呼ばれる(参考:en:Squat_toilet)。
化粧に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

化粧のボーダーレス時代

化粧のボーダーレス時代(けしょうのボーダーレスじだい)
化粧は成人女性だけのものという時代は終わりを告げ、ここ数年で驚くほど年齢性別に関係なく化粧やを楽しむボーダーレス時代になってきた。化粧の低年齢化が急速に進み、今では女性は小学生からお化粧しているのが常識で、最近は男性でも化粧して綺麗になりたい人が増えている。
20年前は化粧をするのは女子大生ぐらいで、中高生が化粧をするのは不良といわれていた。ふつうの中高校生は誰も化粧をしていなかった。しかしいまや、女子高校生の90%が化粧をしている。化粧について校則で禁止されていない学校は40%。校則で化粧を禁止している学校が60%もありながら、女子高校生の80%は日常的に化粧をして登校している。高校生になってから化粧を始めたのが65%で、中学生から化粧を始めたのが35%。女子高生のうち過半数が茶髪に染めている。化粧品のイメージを変えたのがドラッグストアや100円ショップの登場で、低価格で購入しやすくなり中高校生に化粧品が浸透しやすくなった。
化粧に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

化粧品

化粧品(けしょうひん、Cosmetics)とは、体を清潔にしたり、見た目を美しくしたりする目的で、皮膚等に塗布等するもので、作用の緩和なものをいう。いわゆる基礎化粧品、メーキャップ化粧品、シャンプーなどである。 日本で薬用化粧品といわれる化粧品は、医薬品医療機器等法上、化粧品ではなく医薬部外品に分類されるが、医薬部外品の概念は日本、韓国等一部の国にのみあるもので、多くの地域にはそのような概念がないため、日本で医薬部外品にあたるようなものが化粧品(cosmetics)として販売されていることがある。 日本標準商品分類では、香水及びオーデコロン、仕上用化粧品、皮膚用化粧品、頭髪用化粧品、特殊用途化粧品、その他の化粧品に大きく分類される。 以下では断り書きがない限り、日本での事例について取り扱う。 市場規模は2004年時点で約2兆円。メインターゲットは女性で、基礎化粧品(化粧水など)やメークアップ化粧品(口紅、ファンデーションなど)など顔につけるものから、ボディ用商品に至るまで、商品は多岐に渡る。
化粧に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

化粧品ブランド一覧

化粧品ブランド一覧(けしょうひんブランドいちらん)
化粧品メーカー及びブランドの一覧を五十音順に記述する。
アウェイク
アヴェダ
アクセーヌ
アジアチカ
アスピア
アテニア
アナスタシア
アナスイ
ANESSA アネッサ
アヒリダ
アベンヌ
アユーラ
アルソア
化粧に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

化粧坂

化粧坂(けわいざか)は鎌倉七口のひとつ。「仮粧坂」と書くこともある。現在の鎌倉市扇ガ谷から源氏山公園を結ぶ。主に武蔵国の国府(現在の府中市 (東京都) 府中市・国分寺市)から上野国へ向かう道(上道)の出口と考えられているが、鎌倉時代初期には武蔵国の東の方へ向かう中道、下道もまたここを通った可能性もある。
名の由来として以下のような説が伝えられているが、ほとんどは後世の創造の産物と思われる。
平家の大将の首を化粧して首実検したから
この辺に遊女がいたからという説
険しい坂が変じたという説、
坂の上が商取引が盛んで「気和飛坂」
木が多いので「木生え坂」など。
「化粧」を「ケショウ」と読むとそれは現在の意味の通りに「白粉でお化粧」の意味であるが、古くは「ケワイ」とも読み、その場合は「身だしなみを整える」と言う意味に使われる。
化粧に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

化粧品とジャム論

『化粧品とジャム論』(けしょうひんとジャムろん、仏: Le Traité des Fardements et des Confitures)は、フランスの医師・占星術師ミシェル・ド・ノートルダム(通称ノストラダムス)の医師としての主著の通称である。 初版のメインタイトルは『若干の魅力的な処方についての知識を得たいと思う全ての人々にとって優良かつ大変有益な二部構成の小論集(Excellent & moult utile Opuscule à touts necessaire, qui desirent avoir cognoissance de plusieurs exquises Receptes, divisé en deux parties.)』となっていたが、後の版ではしばしば異なる題名が用いられ、現在では『化粧品とジャム論』ないし『化粧品論(Traité des Fardements)』などと総称されるのが一般的である。
化粧に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

化粧水

化粧水(けしょうすい)とは、皮膚を保湿し、整え、滑らかにする機能を持つ透明液状を呈した化粧品である。ローション、トナー、トニック等と呼ばれることもある。例外的な使用法とし て、ファンデーションや白粉に加え、粘度の調整やつけやすくする目的で用いることもある。 元来は化粧に使う水のことを指し、日本に化粧水が浸透し始めた江戸時代には、基礎化粧品としてではなく、メーキャップ化粧品の一つである化粧下地、白粉の溶き水として使われた。 日本国内では、化粧水と乳液をあわせて使用することが一般的であるが、欧米では日本の化粧水に当たるものを使用しないことが多く、海外化粧品メーカーでは、化粧水を主に日本向けとしてラインナップしているメーカーもある。 洗顔料の後に使用し、美容液の前に使用する。 化粧水の種類 一般化粧水 柔軟化粧水とも呼び、通常化粧水といえばこれを指す。潤いを与えて肌荒れを防ぐために、主に洗顔後の肌に使用する。80%程の水、10%程のアルコールに、グリセリンなどの保湿成分を数%、乳化剤、香料、防腐剤などを配合したものが一般的。
化粧に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

化粧惑星

化粧惑星(けしょうわくせい)とは、資生堂が子会社のオービット (化粧品) オービットを通じて販売している洗顔料・基礎化粧品をメインとしたコンビニ化粧品のシリーズである。
1本で化粧水・乳液・日焼け止め・化粧下地の4つの役割を持った乳液や、1本で、アイライン (化粧) アイライン・アイシャドーなどのアイメイクができるアイスティックなどがある。
2005年からはモデルの香里奈・長谷川潤 (モデル) 長谷川潤・太田在。
いずれも、インタビュー形式で「化粧惑星」を使用した感想などを述べている。
江角マキコ
ともさかりえ
華原朋美
安西ひろこ
中島知子
松嶋尚美
青木さやか
工藤静香
遠山景織子
デヴォン青木
小池栄子
広瀬光治
假屋崎省吾
2006年4月18日から5月31日まで、化粧惑星のコスメのおまけとしてサンリオのサンリオキャラクター キャラクター、マイメロディ・クロミ・バクのマスコットが付属するキャンペーンを展開していた。
化粧に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

化粧品製造業責任技術者

『責任技術者』より : 責任技術者(せきにんぎじゅつしゃ)とは、薬事法における医薬部外品、化粧品、医療機器の製造業の許可業者において、その業務を実地に管理する責任者である(薬事法第17条第5項)。 製造業の許可を取得し維持する要件として、この責任技術者を配置しなければならないこととなっている。 責任技術者の要件 医薬部外品、化粧品、一般医療機器、一般以外の医療機器の別により、要件が異なる。 薬剤師か、一定の学歴もしくは実務経験を持つものが認められる。 根拠規定 薬事法施行規則第91条 旧薬事法との関係 平成16年3月31日までの旧薬事法においては、輸入販売業という制度があり、この業務の責任者も「責任技術者」といった。法改正により、輸入販売業と製造業は、新たに設けられた製造販売業と製造業(旧薬事法の製造業とはその性格が異なる)に改められ、責任技術者は、新「製造業」における責任者の名称となった。 関連項目 薬事法。
化粧に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

化粧品輸入販売業責任技術者

『責任技術者』より : 責任技術者(せきにんぎじゅつしゃ)とは、薬事法における医薬部外品、化粧品、医療機器の製造業の許可業者において、その業務を実地に管理する責任者である(薬事法第17条第5項)。 製造業の許可を取得し維持する要件として、この責任技術者を配置しなければならないこととなっている。 責任技術者の要件 医薬部外品、化粧品、一般医療機器、一般以外の医療機器の別により、要件が異なる。 薬剤師か、一定の学歴もしくは実務経験を持つものが認められる。 根拠規定 薬事法施行規則第91条 旧薬事法との関係 平成16年3月31日までの旧薬事法においては、輸入販売業という制度があり、この業務の責任者も「責任技術者」といった。法改正により、輸入販売業と製造業は、新たに設けられた製造販売業と製造業(旧薬事法の製造業とはその性格が異なる)に改められ、責任技術者は、新「製造業」における責任者の名称となった。 関連項目 薬事法。
化粧に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

化粧合板

化粧合板(けしょうごうはん)とは、合板の表面に塗装や突板の貼り付けなどを行った、建築物の内装や家具などの外装に用いられる木質ボードのことである。 塗装の手間がないことや天然銘木の美観を低コストで得られるため、多用されている。おもに美観目的で使用され、耐力構造が必要とされない部分で使用される。 化粧合板の種類 天然木化粧合板 主に3種類の木取り方法による突板【ツキ板】(天然銘木を薄くスライスしたもの)をラワンベニヤなどの板状基材に貼り付けた合板。天然銘木の特徴的オリジナリティーあふれるオンオフの木目の美観を無垢材を使用するよりも低コストでの実現ができる。 特殊加工化粧合板 天然木の木目模様などを印刷したプラスチックを貼り付けたもの(プリント合板)や、メラミン樹脂を貼り付け耐水性を高めたもの。 外部リンク 日本合板工業組合連合会en:Plywood#Decorative_plywood_.28overlaid_plywood.29。
化粧に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP

化粧石鹸

『』より :
化粧に関する辞典<アンチエイジングの基本TOP